8月1日(月)

母と台湾料理店へ。

炒三鮮、ビーフン、台湾麺線など。

これからの老後の話など真剣に話す。

お互いのために。幸せに生きるために。

 

帰りがけ、実家から学生の時に使っていた辞書を一式持ち帰る。

携帯には極力頼らずに生活したい。

かすれた蛍光ペンの跡がつく数十年前の辞書。

この気持ち忘れちゃ駄目だよな。

 

8月2日(火)

歯医者へ。

その後、読みかけの本2冊読了。

店の買い出し。直売所を数件回る。

夕方、西千葉の自宅へ。

 

8月3日(水)

朝の掃除。なんだか街の様子がいつもと違うなぁと。

そうか、夏休みか。どうりで学生が歩いてない訳だ。

ふと、8月を感じた瞬間。

小学生の頃、8月(夏休み)が永遠に続くんじゃないかって思ったりしていた。

 

8月4日(木)

ここ数年は、近場も含めて全く旅(宿泊する)をしていない。

2020年。ここからは当分の間、旅に出ないと心に誓った。

パンデミックという理由もあるが、最大の理由は大切な人の死であった。

毎日泣いていた(今もだけど)。

悲しみから逃げるのではなく、

自分自身と向き合い勤勉になろうと思った日があった。

 

旅の準備、そろそろかな、とも思う。

 

8月6日(土)

お店は15時まで。

夕刻からはライブ営業。本日のアーティストは’ラッキーオールドサン’

 

各駅停車の小さな街、個人店で行われる大切なアコースティックコンサート。

理想のかたち。

 

お店から30分ほど離れた工業地帯。

本日から大規模ロックフェスが行われている様子。

週を跨ぎ5日間行われるそうだ。

どちらも同じ’音楽’だけとも、中身は全く違う気がする。

 

終演、後片付けをすると22時半。

スタッフと中華屋に行って24時帰宅。

臨時スタッフHちゃんありがとう。助かりました。

 

お店ではライブ営業時にボランティアスタッフを募集しています。

 

8月7日(日)

本日からお店では’コーヒーゼリーのパフェ’が初お目見え。

キャラメルアイスは店長Gの自家製。濃厚なゼリーによく合います。

 

お店終了後’きのえね夜市’の打ち合わせのため、

西千葉から佐倉へ移動。

頭の冴えるスタッフばかり。頼もしいです。自分も頑張ります。

打ち合わせ後、佐倉から西千葉へ一旦戻り自宅2(木更津方面)へ。

 

帰りの高速道路、やや眠くなる。

サービスエリアで小休憩。

自販機の前、若者4名、カップル同士。

どこ行くのかな、夏休みかな‥楽しそう。

何やっても楽しく美しい時期、あるよね。

瞬間と永遠。

 

24時を過ぎたあたり、自宅着。

 

8月8日(月)

7時起床。珈琲を淹れる。

昨日、食事をきちんと取れなかったので空腹気味。

久しぶりに軽く朝食を食べる。

 

ふと思い立ち、昼過ぎに久留里駅へ。水を汲んだり、あたりを散策。

昼食は蕎麦屋か駅前のタイ料理屋と思っていたが、瓶ビールが飲みたくなって名店’喜楽飯店’へ。

こちらのお店、酒の提供は瓶ビールのみ。清い。

エアコンは無く、扇風機の回る音。

テレビからは高校野球。

THE夏。

 

直売所に寄ると、おおまさりの落花生が大量に売られていた。即購入、ラッキー。

自宅に戻り落花生を茹でる。

庭で採れた空芯菜で炒め物、

農家さんにいただいた、きゅうりとナスで漬物。

これまたご近所さんからいただいたオクラを焼いて夕食。

THE夏。

21時就寝。

 

8月9日(火)

6時起床。映画を一本。

10時から歯医者、今日は長丁場と先生から言われている。

 

12時帰宅。

桃。貴方は何故にこんなに美味しいのさ。

 

8月11日(木)

祝日だそうだ。山の日っていつから?

感染者が云々と。

まずは規則正しい生活から。十分な睡眠の確保。

ここ二年で学んだこと。

これから長い人生の中(短命かもしれないが)、

この数年の人生は、情報や欲望に惑わされずにぐっとこらえて、

頭(勉強)と身体(体力・体への投資・治療)と向き合うフェーズでも良いのではないか、と。

 

21時半就寝。

 

8月12日(金)

おとぎ話、日比谷野音の開催中止を告げられたのは、オフィシャル発表の数時間前。

朝から連絡を取り合っていたけども、

ぽつぽつと雨がちらついた時間にメール音がなった時、嫌な予感がした。

 

ボーカルにメール。

一言だけ交わす。なるべく重たいメールにならないように。

自分に何かできるとこはないか。考える。

 

8月13日(土)

本来ならは野音。

風がぴゅうぴゅう台風到来。

 

8月14日(日)

お店は夏季休暇。

市原市湖畔美術館へ。

夕食はもんじゃ焼きと焼きそば。なんだかやっぱり夏な感じ。

 

8月15日(月)

老眼が顕著に。眼精疲労。

まぁこれで良いのかもしれない。携帯見るのも億劫だし。

いらない情報をよりシャットダウンできる。

 

8月16日(火)

7時起床。軽食と淹れたての珈琲をボトルに入れて、わりと近所の袖ヶ浦公園へ。

広大な面積。池の周りを1時間、ゆっくりと朝から歩く。

頭の中を整理しながら。

 

8月20日(土)

‘おひさしぶりですぅ~’とお店の入り口に韓国の友人のゼミンが。

あまりにも普通に来店してきたが、このコロナ禍、実に3年ぶり??に再会。

嬉しくって、感極まり握手しながら泣いてしまった。

聞けば、’Se So Neon’がサマーソニックに出演で来日するので、

そのチームメンバー(PAオペレート)で同伴したとの事。

 

何したい?と聞くと、

’日本酒飲みたい!!’と。

全く変わってなくて、また泣いた。

 

8月22日(月)

9時から歯医者へ。虫歯の治療は完了。

ここからは整備段階かな。まだまだ先は長いぞ。

主治医の先生には本当に感謝している。

リラックスして治療ができているし、意見をはっきりと伝えてくれる頼もしい方。

信用しています。

結局は人と人なんだと思う。

 

帰宅後、

’声もなく’’ブルー・バイユー’映画を2本。

久しぶりに映画を観た気がする。

 

夕飯と思い、近所のラーメン屋、蕎麦屋回るもどちらも臨時休業。

次の選択肢がないので(田舎なもので)、自宅へ帰る。

外食の選択肢の無さ。数年前はキツかったが、

これが田舎の良いところだと最近は思い始めている。

家の庭でとれた空芯菜で炒め物、モロヘイヤをおひたしにして簡単な食事。

 

8月23日(火)

西千葉の自宅1へ。税理士との顧問会議は14時から。

その前に書類に抜けなどがないか今一度確認。

本日の議題は法人税の来期分前納について。

その他の質問事項をまとめる。

 

15時半、店長G合流。

稲毛にあるgris sourisへ。パッションフルーツをお土産に。

角田淳さんのお皿を2枚購入。

食卓の楽しみが一つ増える。

 

8月24日(水)

仕事後、干物と麦酒。

完璧な酒のアテ。

干物&酒のBARをやりたいと常々思っている。

 

8月25日(木)

週末は、いよいよ’きのえね夜市’開催。

明日からは、ホテルに缶詰。

準備はOK。

 

8月31日(水)

夕暮れ時の虫の鳴き声が秋に近づいている。

 

 

今月は本も映画も音楽も全く頭に入らず、、、。

9月に期待。

 

7月1日(金)

待ちに待ったポールトーマスアンダーソンの新作’リコリスピザ’がいよいよ公開初日。

ヤッホー!!と意気揚々と上映映画館調べたら、千葉市周りの映画館ではまだ上映無し‥。

信じられない。

 

7月4日(月)

木更津にて、’ベイビー・ブローカー’鑑賞。

数分出演の役で(ほんとに5分位)、キム・セビョク(大好きな女優)とイ・ドンフィがスクリーンに。

名優ばかりの映画だった。

 

救済される映画というべきだろうか。

生まれてきたタイミングだったり、今一度家族について思ってみたり。

何故、主役の職業がクリーニング屋なのか、ふと考えてみたり。

 

個人的にぺ・ドゥナの車中のシーン。エイミーマンの’ワイズ・アップ’が流れるところが肝。

’マグノリア’を思い出さない訳がない。

マグノリアは公開してすぐに観に行って、観賞後そのままもう一度窓口に行きチケット買って、

映画館へ入って行った。私的映画ベスト5に入る名作。

 

7月5日(火)

レイトショーで’エルヴィス’鑑賞。

大いに泣く。

あまりにも世界的に有名な人物による、あまりにも不運な人生物語。

しかし、その中にも光があった。

生きなきゃ、と思った。

 

7月6日(水)

メモ魔である。落書きみたいのから色々と書いておいて手帳に挟んだり、

気になった記事なんかをクリップでまとめたりしている。

それを、週ごとにいるのもいらないもの振り分ける作業。

なんでこれ書いた?ってのもあるんだけど、とにかく、書くことが必要で、自分の財産の一部。

自分にとっての必需品といえば、ペン、付箋紙、クリップ、メモ帳である。

 

7月7日(木)

業務終了後、京成佐倉にて’きのえね夜市’の打ち合わせ。

 

7月8日(金)

情報を知ったのは15時過ぎだったと思う。

しばらく情報はシャットダウンする。

教育、マスコミ、TVを根本的に変えていかないと、この国は滅びていくだろう。

 

ご冥福をお祈りいたします。

明けない夜はないが、今夜は気が重い。

薔薇の花を買って帰宅した。

 

7月9日(土)

どうしてもまとまったお金が必要で(会社経営しているとたまにある)、

休日に仕方なく銀行でお金を下ろす。手数料が悔しい。

 

7月10日(日)

お店では久しぶりの落語会。

出演は春風亭一蔵さん。久しぶりにお会いしたけども元気そうで何より。

今夜は、’堪忍袋’’お妾’’紀州’の三席。

一蔵さん、9月にはいよいよ真打昇進が決まっている。

真打披露公演が楽しみである。

 

打ち上げには参加せず。

いよいよ明日は手術の日。個人的に今年最大の山場である。

23時、自宅2に到着。

 

7月11日(月)

9時。

個室にて患者衣に着替えて(紙おむつも!!)、いざ手術室へ。

採血をし全身麻酔、酸素マスクをつけたところまでは覚えてる。

気づいたら、手術は終了していて個室のベッドで寝ていた。

時計を見ると12時半。ナースコールを。

先生から、もう少し安静にしていてくだいね~。と。

なんだか安心する。

 

起きたら、14時。少し意識もスッキリしていた。

とにかく無事に終了した。

 

7月12日(火)

安静日。

何も食べれない。

投薬後、ゆったりソファーに座りながら、気になって映画’ARGO’を鑑賞。

1979年から1980年にかけた在イランアメリカ大使館人質を題材とした映画。

ホメイニー率いる反体制派。

パフラヴィー国王をイランから放逐、その後、国外亡命したパフラヴィー元国王をアメリカが受け入れたことに反発。

テヘランのアメリカ大使館を占領。

 

イランは行ってみたい国のリストに入っているんだよなぁ。

 

7月13日(水)

安静日は続く。しかし、本日からお店の営業が始まる。

当たり前だが、時間は止まらない。

イメージしていたよりも、大変でかなりキツい。

 

7月14日(木)

安静にしつつ、仕事を。

食事は相変わらず流動食。

 

痛さはあるが、気晴らしに車を運転し蘇我の映画館へ。

全くもってノーマークであった韓国映画’モガディシュ脱出までの14日間’を鑑賞。

素晴らしいの一言。

これだから韓国映画はやめられないな。

しかし、キム・ユンソクは良い俳優だなぁ。

 

1991年。ソマリア、反乱軍による内戦。

お金、貧困、宗教、知識。

昨日までの弱者(と思われた人々)が、武器を持ち人を殺め笑っていた。

2022年も全くもって変わっていない。

 

7月18日(月)

山崎ビルにて、ルーフトップコンサート。

所謂、屋上ライブである。

この一ヶ月は、天気(雨雲レーダー)とも格闘しながら準備を重ねてきた。

 

最高のライブ中に考えていたのは、次に狙っている開催場所の事。

目的地は、既にある。

面白いことを行いたいんだ。

明日なんて本当に来るかなんてわからないし。

ぼーっとしてたら人生すぐ終わっちゃうし。

 

7月19日(火)

朝、西千葉の自宅1から自宅2に戻る。

横になると眠ってしまいそうで、ロッキンチェアーで少しゆっくりする。

自宅2の滞在は1.5時間。

最近まともにゆっくりできていないなぁ。

 

11時、病院にて抜糸。すぐに終わる。

直売所へ野菜を買いに。春物から一気に夏野菜へ変わっていた。

 

15時半西千葉着。

昨日の収支、出金伝票の確認。仕事関係、メールなどを。

屋上ライブ、現実だったんだなぁ、と、しみじみ。

40歳の男達が鳴らすロックンロール。

20年以上にわたり、紆余曲折ありながらも夢を見続け、もがき苦しみ、光を見いだす男達。

そこには、まだまだ原石のダイヤモンドが散りばめられているんだよ。

 

7月21日(木)

京都の本屋、大阪のシンガーソングライターの個人商店、各々から本が届く。

丁寧に梱包された商品。

お店のミニコミやフライヤー。

おそらくシンガー本人による感謝の一筆が同封されていた(とても嬉しい)。

こういう繋がりが人を幸せにするんだと、しみじみ思う。

 

7月22日(金)

母の誕生日。メールにてお祝いを。

来週、食事へ行く約束を。

 

7月23日(土)

6時半出社。

手術からの仕事の遅れを取り戻すべく、昨日から起床時間を一時間早める。

’昭平堂’の珈琲を淹れ、手、指のマッサージをして、BILL EVANS’ANOTHER TIME’をBGMに黙々とパソコン作業。

 

7月24日(日)

コロナ感染者が増えているという。

国外の状況を見てもこれだけマスクを律儀にしている国は他にないでしょう。

ワクチンも4回目??5回目??を、推奨している。

置き換えることはできないが、

’物価が高騰しています。ですから、値上げしますね。値上げは、2回まで(ワクチン接種)のお約束でしたが、

既に、ここ二年あまりで4回~5回目(ブースター)の値上がりになりますが、ご協力お願いしますねぇ~。’

なんて、飲食店では絶対できないよなぁ。

ふくざつ。

 

7月25日(月)

インフルエンサー??

ユーチューバー??

知らないよ、そんなの。

まずは名を名乗りなさいよ。

話はそこからです。

 

それと、コスパ。

コスパ、コスパって、昨今、うるさくないですか?

コストを徐に重視してパフォーマンスしてない人(店)も存在するわけですよ。

そこが力量というか、知恵というか、店の努力と言いますか。

我々の店から言わせてもらうと、コスパ云々よりも、

食べ物が新鮮なのか、栄養があるのか、身体に染み渡るのか。そこが重要なんです。

 

耳障りの良い言葉ばかりに騙されてはいけません。

誤魔化されてはいけません。

 

7月26日(火)

沢木耕太郎さんの新書、’飛び立つ季節’読了。

今回も素晴らしい。一気に読み終える。

’無難を求めて大勢に盲目的に従うのではなく、何事も自らの責任において自らの行動を決する。

そんな習慣が、ひとりひとり身につくようになるとすれば、この災厄にも、大きな意味があったということになるのかもしれない’

旅のエッセイ集だが、ウィルス(災厄)への、この一文に膝をうった。

やはり自分が考えている事は間違っていないと確信した。

 

7月27日(水)

映画’セシボン’鑑賞。

1970年代にあった音楽喫茶’セシボン’での物語。

図らずも、キム・ユンソクが出演(まぁ素晴らしい演技ですし名優ですね)。

 

主人公のオ・グンテ。

こんな気持ちは知らず知らずのうちにどこかに置いてきてしまったな。

今現在、本当に大切だと思える人たちと生活が送れている。

全ては必然なのかしれない。

などと考えてみたり。

 

7月31日(日)

7月の営業もあっという間に終了。

今月の収支を追う。

先月、先々月、昨年の同じ月。

仕入れ金、雑費、消耗品費、会議費、交通費、交際費・・・・・・。

流動するお金を眺める。

15年続けていると、数字だけの世界にも見えてくるものがある。

それを見つけて軌道修正しながら、明日へ繋げて行く。

脳内の比較情報を怠ってはいけないのだ。

 

今月の、、、。

■印象に残った本

・飛び立つ季節 沢木耕太郎

・ことばのうまれる景色 辻山良雄

・ポール・ヴァーゼンの植物標本 ポール・ヴァーゼン(著)堀江敏幸 (著)飯村弦太(その他)

 

補足)

リトルモアから出版されました’ポール・ヴァーゼンの植物標本’ですが、

私の親友である飯村弦太氏が携わる本となっています。

 

彼は、東京都文京区湯島にある古道具店’ATLAS’の店主です。

湯島に店舗を移す前は千葉市中央区にて同店舗を営んでおり、私は事あるごとに足を運んでいました。

いつからかぽそぽそと会話を育むようになり、

そこからは、いく日も酒を飲み、語り合い、個人店同士の悩みや葛藤を互いに励まし合いながら、

数十年の月日が流れて現在に至っています。

業種は違えど、僕にとっては良きライバルであり、とても大切な親友です。

彼の仕事はとても甘美で最美で儚く美しく嫉妬を覚えるばかりです。

 

2017年の夏。

古道具屋の彼は例年の如くフランス(時には他国も)への買い付け中、およそ100年前の宝物を見つけ出します。

それがこの標本の原型です。

時は2022年の初夏。

堀江敏幸氏による書き下ろしの文章と共に現代の芸術品として、まさしく新しいかたちとしてこの世に蘇りました。

是非、手にとってご覧になって下さい。

 

弦ちゃんが書いた気持ちのこもる’あとがき’で感涙したのは内緒にしておきましょう。

弦ちゃん、本当におめでとう。

あなたの仕事は素晴らしい。

 

■素晴らしき映画

・エルヴィス

・モガディシュ

・セシボン

 

■日常にあった音楽

・Chaliwa NEW ZION TRIO

・Dylan’s Gospel The Brothers & Sisters

・CHAMBER MUSIC Ballake Sissoko & Vincent Segal

 

こんにちは。

いつもcafeSTANDをご利用頂きありがとうございます。

 

7月20日(水)に関して、

当ビル消防設備点検の為、営業時間を15時迄とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

6月1日(水)

水道管の水漏れ。。。。店は急遽15時開店に。申し訳ないです。

15年やってると、所々に故障が出てくるのは当然だとも思いつつ、やはりお客様にご迷惑をおかけするのはなんとも忍びない。

 

6月2日(木)

仕事後、ヨドバシカメラ、プリンターを買いに。

なんだかポイントが溜まっているとかで(以前パソコンを買ったからかな?)、半額の値段になってしまった。

ほんとに??ラッキ~とは思うけど、この皺寄せはどこに行くのだろうか。。。

ポイントカードっていっさい使用してないけども、(ヨドバシカメラは以前アプリをインストールしてくれと懇願されたのだった。)

これに慣れちゃうとちょっとどうかと思う。

 

6月3日(金)

店長Gと業務終了後、お寿司屋へ。

日本酒を一合。

しみじみと。

 

6月4日(土)

図書館で雑誌をめくっていると、写真家、齋藤陽道さんの言葉。

’男らしさとか、女らしさ、という言葉が、嫌で嫌で。

誰だって「人間らしさ」で見てほしいなあという思いが、常にあります。’

 

ああぁ、この人好きだなぁと思った。

全く知らない方だったけど、写真集を買ったらやっぱり素晴らしくって。

出会いは常に潜んでますね。

 

6月5日(日)

ノラ・ジョーンズの来日を知る。

武道館。そりゃ、行くでしょうよ。

 

武道館といえばローリン・ヒルの初来日、確か1999年1月。

しびれたなぁ。

 

6月6日(月)

起き抜けに映画’プロミシング・ヤング・ウーマン’を。

とんでもない映画だった。

才能の塊。

 

6月7日(火)

5時起床。

一通り用事を済ませて、西千葉へ。

切符を買い、11時電車に乗り東京方面へ。

東京駅下車、丸ビルへ。

その後、銀座ライオンへ移動し、打ち合わせ(生ビール美味しかった)を一件。

さらに、中目黒、そして下北沢へ移動、ライブハウス到着。

数年ぶりの終電。

明日のことを考え、久しぶりに目覚まし時計を。

 

6月8日(水)

目覚まし時計は真面目だなぁ。

規則正しくきっちりと定刻通りにベルがなる(当たり前だけど)。

目覚まし時計。偉いよなぁ、仕事できるよなぁ。

 

店はありがたいことに沢山のお客様が来店してくれた。ほんとうに感謝しかない。

夏季限定、台湾冷夏’豆花’も好調。今年で7年目になる。

社員旅行で訪れた台湾、そこから改良を重ねて今に至る。

そういえば台湾旅行は、台風でフライトが出来ないというトラブルもあったけど、

それはそれでとても経験深い思い出に。

 

仕事後、自宅2に帰宅。

採れたてのとうもろこしとスナップエンドウ(どちらも農家からいただいた)で夕食。

風呂でゆっくり読書。

 

6月9日(木)

依頼をいただき自分が企画・制作したミニライブツアーが明日からいよいよ始まる。

西千葉→習志野→茂原。三日間の行程。

演者、お店、スタッフ、お客様、笑顔が見たい。

 

気持ちが昂って落ち着かないのと、熱った脳を覚ますべく、

千葉・富士見町まで歩き、大先輩でありとても尊敬しているTさんのBAR’RUSH’にて、

いつものズブロッカのソーダ割りを二杯。

通い詰めて20年。

化粧室に鎮座するアントニオ猪木のポスターに喝を入れてもらい、明日からのツアー成功を祈り一礼をする。

カウンター越しに言葉のキャッチボールをさせて頂き、とても落ち着いた気分で帰宅。

 

6月10日(金)

いつのも業務を7時から。

17時にお店は閉店。本日のライブ会場は3階にあるSTAND分室。

ライブ開始は19時から。おおはたさん17時半入り。

雑談後、マネージャーさんにお伝えしていた通りに、

明日の会場で使用するスピーカー諸々の機材チェックを共に行う。

音、セッティング周りも問題なさそう(安堵)。

 

6月11日(土)

6時:出社。

まずは、窓を全開。そして、店内やトイレの掃除から。

大勢のお客様が出入りしてくれた翌日は、いつもよりゆっくり時間をかけて掃除をしている。

その後、昨夜の問題点の洗い出し、収支、出納帳など。

8時:店長G出社。いつもの通り食事の仕込み。

10時半:スタッフM出社、伝言諸々伝えると同時に、打ち合わせにつき一旦店を離れる。

11時半:お店に戻ると同時にcafeSATND開店。(店長G、スタッフMよろしく。)

12時:ホテルにておおはたさんピックアップ。本日の会場の習志野市へ。

13時:会場入り。会場のセッティングしつつリハーサル。

16時:開演

18時:終演・片付け

20時:西千葉到着。車から荷物の片付け&明日使用する機材の積み込み。

店に戻ると、北海道旭川’昭平堂’の大好きな珈琲豆をお土産にとS君から。

嬉しい!!これで、毎日の朝が待ち遠しくなる。いつもありがとう!!

20時半:予約していたアジアレストランで打ち上げ。

23時:解散

24時:西千葉自宅1帰宅。

25時:就寝

 

6月12日(日)

6時出社、店内とトイレの掃除。

12時、本日のツアー会場へ移動。

翌朝4時就寝。

ツアー完遂。

楽しかったぁ。仕事って最高ですね。

 

十数年前は自分のお店に大好きなアーティストを招聘できることが夢のようだった。

運やタイミングが少しばかり良かったのだと思う。

2022年。現在こうしてライブの制作依頼をいただいたり、

他会場でもライブを行わせていただく事が自分の仕事になるなんて思ってもいなかった。

本当にありがたい。

 

6月13日(月)

温かい食事がしたいと思い車で馴染みの蕎麦屋へ。

ここでは、たぬきそば一択。

 

晩酌せず。

 

6月14日(火)

朝5時、西千葉へ出発。

諸々仕事をこなし、店長Gと店内の備品を買いに。

いつもの靴屋に革靴の修理もお願いする。

かれこれこの革靴との付き合いも18年。いつもありがとう。

 

午後19時半就寝。

身体を徐々にいつもの時間軸に戻さなくては。

 

晩酌せず。

 

6月15日(水)

身体、まだ本調子でない感じ。

業務終了後、店長Gと夕食を済ませすぐに帰宅。

入浴後、ストレッチポール。

 

映画’君の誕生日’鑑賞。主役はソル・ギョング。

泣いた。泣いた。

仏語でいう’逆縁’

言葉にならない。

 

久々に’アミノバイタル・プロ’を飲んで就寝。

晩酌せず。

 

6月16日(木)

読みかけの本、読了。

AMAZONにて本7冊購入。(本屋に顔出せない時、本当に便利~。)

 

晩酌せず。

 

6月17日(金)

自宅2へ帰宅。平日に自宅2へ戻るのはいつぶりだろうか。

車中BGMはC.O.S.Aの’COOL KIDS’を聴きながら。

3曲目’Blue’のリリックが素晴らしい。

 

入浴後、東南アジアのニュースをまとめて。

ラオスはインフレ加速。

スリランカ、やばいかも。デフォルト間近かな…。

コロナの終わりを告げたタイ国政府観光庁。

今年のタイへの外国人観光客1000万人を目指し、月間目標を50万人に引き上げる。

早く行きたいぜ。

 

と、思ったけど、そういえばパスポートが失効していたな。

そろそろ作りに行くかな。

 

晩酌せず。

 

6月18日(土)

TECHNICS  SL-1200M7L-A【SL-1200シリーズ発売50周年記念モデル】2台、無事に確保購入。

 

晩酌せず。

 

6月19日(日)

自宅2へ帰宅。車中BGMは米米CLUB。

石井竜也ではなく、カールスモーキー石井(バンド名義)は最高にセクシー。

加えて曲が逸品である。

今年のツアー開催の暁には必ず足を運びたい。

 

なんだか眠れず。深夜まで読書を久しぶりに。

 

質問:『上手に生きるためのヒントとは短くいうとどんなことでしょう?』

 

’好きなことをして生きたいなら、自分の食いぶちは自分で稼ぐこと。

まず自分の足で立って生活を成り立たせて、それから好きな事に挑戦すべきです。

よく、好きなことを追いかけている貧乏な人が人にご飯をおごってもらったりするでしょう?芸術家ぶって。

でも人に助けられているうちは大成なんてしません。世の中そんなに甘くない。’

 

‘人はいろんなことを言うもんです。プラスもマイナスも言う。嫌なことも平気で言う。

そんなことに振り回されるのはばかばかしいことですよ。俺は気にしません。

自分が正しいと思うものをきっちり持っとけばなにを言われようがぶれないもんですよ。’

 

蛭子能収先生の回答。さすがです。

 

晩酌せず。

 

6月20日(月)

公園を散歩。

銀行などを所用を粛々とこなす。

 

夕方から会食。

久しぶりのビールの味は‥‥。

そりゃ、美味しいよね~。最高。

 

6月22日(水)

店長Gと焼肉。

やはり炭火がいいね。

 

よく、菜食主義ですか?と言われたりします(何故だろうか)。

違いますね。なんでも食べます。

出されたものは、ありがたくいただきます。

毎回手を合わせながら自然の摂理に従い感謝しながら食べ物をいただいてます。

 

6月23日(木)

明日からまた三日間、自分の企画・制作したライブツアーが始まる。

 

6月27日(月)

長らく日記が空いてしまった。

ほぼ、このノートPCにも触れず、瞬く間に数日が過ぎてしまった。

 

とにかく、無事にツアーは完遂。

各会場、メンバー、スタッフ共々お疲れ様でした。

 

会場でも触れたが、7月にいよいよルーフトップコンサートを執行する。

一度企画してみたかったんだ。屋上ライブを。

実現できることに感謝。

雨なら中止。延期ではない。

清く中止。

引き際も肝心。

 

6月28日(火)

本日、午前中のみ仕事をし、午後からは完全なる人生の休日とする。

読みかけの本二冊読了。久しぶりに活字を追う感覚がたまらない。

 

6月29日(水)

暑いと文句を言う。

寒いと文句を言う。

 

暑いと電力が足りないと言う。

寒いと電力が足りないと言う。

 

この乖離は馬鹿馬鹿しい。

 

人生ってのは己の日々の選択で成り立っている(選挙も含め)。

文句を言う前に、自分の行動を改めてみてはどうか。

 

’時価4000万円のマイホームを買おうと考え、

毎年100万円ずつ貯金をすれば購入資金を手にするのは、40年後。

住宅ローンという魔法をつかえばその夢を一瞬で叶えることができる。

ファイナンス(借金)は人生設計に決定的な役割をきたすものですが、

不思議なことに、多くの人がその事実に気づいてません。

借金を借金と思わず漫然と金を借りている人もたくさんいます。’

(何時ぞや読んだ本からの抜粋。メモのみ残し本のタイトルを忘れてしまった。)

 

お金が無くて、お金を借りたいと言う。

お金を借りても、お金がないと言う。

 

全て己の選択。

 

 

今月の、、、。

■印象に残った本

・見えないものとの対話 平川克美

・探検家とペネロペちゃん 角幡唯介

・整体対話読本 ある 聞き手:鶴崎いづみ 話し手:川崎智子

 

■素晴らしき映画

・プロミシング・ヤング・ウーマン

 

■日常にあった音楽

・US おとぎ話

・PLEASURE, JOY AND HAPPINESS EDDIE CHACON

・COOL KIDS C.O.S.A

 

おはようございます。cafeSTANDの塚本です。

キッチン担当の弊社店長Gが急性胃腸炎と診断されました。

これにより、本日7月1日(金)ですが、臨時休業を頂きます。

ご来店を予定されていたお客様には大変ご不便をおかけしますが、

何卒、ご理解の程よろしくお願い致します。

こんにちは。

cafeSTAND、6月のスケジュールをお知らせします。

6月10日(金)17時閉店(夕刻よりLIVE営業)

6月12日(日)16時半閉店(パンの販売ありません。)

6月26日(日)14時閉店(夕刻よりLIVE営業)

営業時間:11時半〜18時

定休日:月曜日・火曜日

5月1日(日)

小坂忠さんの悲報。

’傷つける言葉より なぐさめの歌をこの世界に拡げよう’

素晴らしい歌詞だ。

アルバム’People’は多くの人に聴いてほしいアルバム。

勿論、大名盤アルバム’HORO’も忘れてはいけない。

 

5月2日(月)

今週は歯医者の通院なし。

世間はGWのようだ。

いつもの直売所を数カ所まわるも、どこも混雑。参ったね。

庭の草むしりをしたり掃除をしたり。

 

5月3日(火)

読書に勤しむ。

マイク・ミルズの新作映画’カモンカモン’を観たいのだか、時間があわず断念。

来週に持ち越し。パンフレットも購入予定の気合の入れよう。

前作’20センチュリー・ウーマン’はその年、断トツの映画だったので、

今作も期待している自分がいる。(しかも主役はホアキン・フェニックス!!)

 

5月4日(水)

母から店に封筒が届く。

’先日の日本料理レストラン。ご馳走さまでした。’と、御礼の手紙だった。

まだまだ見習うところばかりです。参りました。

 

小さい頃から母親には

’ありがとうを言われるように、言うように’、’優しさは行動で’と、常々教わってきた。

中卒の母親は学歴が無いのがコンプレックスだとよく言っていた。

そんなの全く気にしなくていいから。

そろそろ親孝行させて下さい。

 

5月5日(木)

店長Gと馴染みのカレー屋さんに。

タンドリーチキンを赤ワインでいただく。

社員旅行および食べ物の探求を求め、北海道の函館に行こうかと提案した。

函館には贔屓にしてる寿司屋がある。

6月あたりからはスルメイカが絶品だろう。

 

5月6日(金)

店にはほぼ出れず。

とにかく動き回る一日に。

気づけば二万歩を超えていた。

 

5月7日(土)

意外と静かな土曜日。

街も思ったより静かな雰囲気。

仕事が終わって何も予定がなく、西千葉から稲毛駅まで散歩を。

帰宅後、映画’すべてが変わった日’鑑賞。恐ろしくも素晴らしい映画。

風呂に入り、’当事者は嘘をつく’読了。

購入を悩んでいたけど、やっぱり買ってよかった良本だった。

 

5月9日(月)

自宅2リビングの家具、什器追加、玄関周りのレイアウト変更。

気の流れを気持ちよく変える。

夕方から茂原駅前名店’二幸総本店’にて打ち合わせ。

帰宅すると同時に吉報のメールが届く。

8月のイベント出演者がほぼ出揃う。嬉しい。

 

5月10日(火)

勉強と読書を兼ねて、君津図書館へ。

しかし、内装工事中で長期休暇中との事‥。残念。

次に寄りたかったお店も臨時休業‥。

次に寄る店も定休日。

OK、OKです。こういうことよくあります。

旅先でもお目当ての店、臨時休業よくあるし~。

 

自宅近くの図書館へ移動。ルポルタージュ関連の本を2冊貸りる。

明日の仕事は山積みのため、4時半起床予定。

21時には寝室へ。

 

5月11日(水)

ボブ・マリーの命日。’WAR’を聴く。

 

店、軒先の掃き掃除。

何年経ってもタバコのポイ捨て。

掃いてる目の前で、携帯見ながらタバコを捨てるとんでもない奴もいる。

悪いのはいつだって大人。

若者は決して悪くない。

資源を大切に~、エコバッグを~、だどか何だと唱えていても、日本は取り返しのつかない状態になっている。

大人は見て見ぬふり。やってるふり。

 

5月13日(金)

プレミアリーグ第22節。

トッテナムVSアーセナル。所謂、ノースロンドンダービー。伝統の戦い。

見事トッテナムの勝利。嬉しい。

サッカーは全く興味なくなってしまったけども、トッテナム・ホットスパーFCの動向だけは常に気にかけててる。

弱くもないけど上位に入り込めない憎めないチーム。

デレ・アリが完全移籍した時には本当にショックだった。

今は、ジャフェット・タンガンガの怪我が心配。

放出候補なんて言われてるけど、頑張って復活してほしい。

ロンドン北部、ホームスタジアムに行くのが一つの夢だ。

 

5月14日(土)

雑誌’スウィングジャーナル・ジャズレコード百科・1970年号’がある。

暇があるといつもぱらぱらとページをめくっている大切な本。

概念や系譜、名盤と言われるレコード、自分が思うジャズと全く違う物語がここにはある。

自分が生まれる前の雑誌や本には、当たり前だが先代の知見がある。

 

5月15日(日)

店は通常営業なし。

カジヒデキさんと堀江博久さんのライブ。

お客様の笑顔は素晴らしい。元気をいただいた。

 

今週も動きっぱなしだった。

自宅2には帰らず、大事をとって千葉駅近く贔屓のホテルへ。

ゆっくりと就寝する。

 

5月16日(月)

11時半に京成志津駅。

秘境居酒屋倶楽部(H.I.C)のOちゃんと集合。

 

まずは、居酒屋ではなく、、、、。

H.I.Cの会員でもあるBッキーが半年前にオープンした’食堂バル スミカ’へ。

Bッキー、開店おめでとう。自分の事のように嬉しいよ。

一人でもふらっと入れるし(酒のつまみも最高)、カップル、ファミリーは勿論、

テイクアウトも軒先購入できる(ドレッシング買っちゃった。)、素敵なお店。

オープン前からの理想を見事かたちにしたBッキーには感服。

ご近所にあったらスタッフ連れて毎日通いたくなる様な理想的なお店。

お近くの方、是非とも利用してみて下さい。

 

食堂バル スミカ 小皿・定食・デリ惣菜

特別な理由がなくても、立ち寄れる、集まれる。

この場所を、みんなの【住処<スミカ>】に。

営業時間:昼11:30~14:00 夜16:00~23:00(日祝22:00)

定休日:水曜・木曜昼・第4日曜日

 

ひとしきり楽しんだその後は、志津駅から一駅歩いて勝田台へ。

居酒屋秘境倶楽部(H.I.C)授業開始。

いやぁー聖地でした勝田台。駅前の雰囲気から最高。住みたい街かも。

真剣な話から、くだらない話まで。たくさん笑って、話して、飲んで食べて。

気持ちよくお金を使えたなぁ。

 

最後にいつもの記念写真撮影を。

Oちゃん、いつもありがとうね。

次回は木更津かな。

菊富士2号店の2当券当たっちゃったから近日に勝田台、また行きましょう。

 

5月17日(火)

何年も(本当に何年も)探し歩いていた、ビル・フリーゼルのCD’Disfarmer’がブックオフに格安で鎮座していた‥。

思わず「えっ!!」っと、叫んでしまう。大切に棚から取り出しレジへ移動。直ぐに駐車場へ移動しカーステレオへ。

想像通り素晴らしいアルバム。風景が見えたよ。

はぁ、これだから中古CD・レコード屋巡りはやめられない。

 

5月19日(木)

3階古本屋’stack’へ本を売りに。

古本買取してますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

5月20日(金)

年2回の5時からの早朝作業。

まだ人々が街へ繰り出す前の時間、朝が始まる寸前の時間、この時間帯がとても好きだ。

お金がなくても時間だけは沢山あった時代、東南アジアを旅していた。

安宿に泊まって早朝から街をただただ歩いていた。

バンコクの街、チャオプラヤー川、チャイナタウン、チェンマイの旧市街。

ラオスのルアンパバーン、メコン川。

カンボジアのシュムリアップ市街、アンコールワット。

ベトナムのフエ、ホーチミンシティ。

バリのウブド、デンパサール、スミニャック。

マレーシアのペナン島、ジョージタウン、インド街。

ゴミ収集車、僧侶、酔っ払いの西洋人、屋台の準備をする人々、野良犬、遺跡群、コーラン。

平等に朝日は照らされる。

 

5月21日(土)

7時出社。

一時間読書、その後、各方面にメールの返信。伝票整理、財布の整理、出納帳記入。

いつものルーティン。

 

飲食店の閉店をちらほら聞く。全くもって予想通り。

この二年余りの飲食店へ対する政府、県、市の対応は、一生忘れることがないだろう。

人や店は、消費者ではないのです。生活者なのです。

自分の人生は自分で守るしかなく、己で切り開くしかない。

責任の所在はシンプルに。

 

5月22日(日)

一難去ってまた一難。

雇われていても、自分で経営していても、

指示されてから実行するのではなく、何故行うのか、自分自身で判断する。

自分の意思で実行する感覚を持つ。

必要ないと判断するならばそれはそれで良い事。

’やってる感’は、見抜かれるし、成長は止まる。

その感覚で生きていくのは勿体ない。

この先々も働いていくのなら、人のためになりたいし、そのための行動をしたい。

 

5月23日(月)

早朝仕事を終わらせて、自宅2へ帰宅。

近所(といっても徒歩15分)に唯一あるラーメン屋へ。

しかしラーメンは食べた事ない。

瓶ビール、冷奴と餃子。

ここのおばちゃん、’嵐’のファンということだけは知っている。

 

おばちゃん「あなた仕事何してるの?」

私「えーっと‥‥」

おばちゃん「いいわ、いいわ。聞かないでおく。でも、音楽関係でしょ??私’嵐’のニノが好きでぇさぁ~」

一年前の会話。

それ以降、何も詮索もしてこないし良好な関係。

元気でいて下さいね。

 

「今年の初ものよ~」と、ゆでたての空豆をサービスしてくれた。

ウーロンハイを追加する。

 

帰りの道すがら、田んぼの蛙の鳴き声をバックコーラスに、初恋の嵐’Untitled’を口ずさんで帰宅。

 

5月24日(火)

歯医者。

 

5月25日(水)

人が面倒くさいと思うことを、どれだけ自分が探求して行動できるか。

ここに差が出てくる。楽をするのは簡単だ。

 

5月30日(月)

快晴。梅雨は何処へ??

トゥーツ・シールマンス’brasil project’を聴きながら珈琲を淹れる。

ブラジル音楽が似合う季節になりましたね。

このまま旅に出たい気分。

珈琲から缶ビールへ切り替えた午前11時。

 

5月31日(火)

避けていた映画’シルミド’鑑賞。

重たい、全くもって重たい韓国映画。重い、重すぎる。

だがしかし、ソル・ギョングが出演する映画は必ず観る。

この世で一番大好きな俳優だから。

 

今月の、、、。

■印象に残った本

・当事者は嘘をつく 小松原織香

・マネーロンダリング 橘玲

・小沢健二の帰還 宇野維正

・サカナとヤクザ 鈴木智彦

 

■素晴らしき映画

・逃げた女

 

■日常にあった音楽

・Disfarmer ビル・フリーゼル

・Silver&Gold ニール・ヤング

・The brasil project Vol.1 トゥーツ・シールマンス

・The brasil project Vol.2 トゥーツ・シールマンス

 

4月1日(金)

電車に乗る。

Suicaを使わず、久しぶりに切符を買ってみた。

なんかいいね、切符。アナログ感。

Suicaは気付くとすぐにチャージしてしまう癖があるから(性格かな)、

思いのほかお金を使いすぎてしまう感じがしている。

これからも切符を買ってみようと思う。

 

4月2日(土)

店長Gと業務終了後、久しぶりの居酒屋へ。

大将もママさんも元気で嬉しい。ハンバーグ美味しかったなぁ。

居酒屋会議の議題は、5月・6月のライブ営業動向、

私の外科手術の予定スケジュール出し、そして社員旅行の構想を。

 

店長G帰宅後、STANDに戻り韓国ソウルにあるカフェ’空中キャンプ’とzoomお花見。

メールでいつもやりとりしているが、親友の顔が見れるとやっぱり安心する。

お互い’歳とったね~’なんて言いながら大いに笑う。

窓越しに韓国ソウル新村の街並みが見えて、一瞬、泣きそうになる。

ゴ-ママ、ジェイン、インジョ、ゼミン、ヒョク、ゴンナム、ヒウォン、みんなに早く会いたい。

 

4月3日(日)

自宅2へ久々に帰宅。

ゆっくり風呂に浸かる。

 

4月4日(月)

おとぎ話のライブ@渋谷クアトロ。その前に贔屓にしている’長崎飯店’へ。

渋谷とは思えない雰囲気、社会人(現在もだけど‥)一年目からお世話になっているので、

長い付き合いに。

皿うどんと餃子と瓶ビール。もちろん最高である。

 

4月5日(火)

日本橋’伊勢定’で熱燗と鰻の白焼。つまりは、至福。

いつの間にか大人になってしまった。

 

4月6日(水)

沖縄料理屋にて人生が動いた日。

ご縁。というか、運命やタイミングってやっぱりあるんだと思う。

生きていてよかったと実感する日がある。

 

4月7日(木)

顧問会議など。資料を眺めつつ、老眼鏡をかけつつ。

 

4月8日(金)

いつもの毎日。

7時15分から仕事開始である。

今日は久しぶりに朝一で珈琲を淹れた。

 

14時。仕事を抜けて東京浅草にて打ち合わせ。

ありがとう。って言葉は、とても大切だなぁと思った一日。

そして、’魅力的な人というのは恥ずかしいことを言える人’と先日読んだ本に書いてあり、

正にそうだよなぁと思った一日でもあった。

 

4月10日(日)

お店は盛況。ありがたいです。

自宅2への帰宅日。疲弊した身体と脳を少しでも和らげるべく、

車中BGMは、ハービーマンの’Great Ideas of Western Mann’

ハービーマンは、フルートは一切吹かず全編バスクラリネットを演奏という珍しくも大変素晴らしいアルバム。

現状の日曜日のシフト体制では物理的にも体力的にも、そして、店長Gの負荷がますます大きくなっている。

アルバイトスタッフをもう一人募集するのが得策かもしれない。

などと考えていると、あっという間に自宅到着。

周辺では田植えが始まった。そして、カエルの合唱も始まった。

この土地に戻ると、季節が完全に変わる瞬間を実感する事ができる。

 

4月11日(月)

歯医者。

休日はいつも歯医者から始まる。

ちなみに明日も歯医者。

 

4月12日(火)

1ドル125円台。しびれる数字ですね。

円安・円高。相対的価値。

タイバーツも3.7円と驚きの数字に。

 

何はともあれ快晴。

スラックのアルバム’この景色も超へて’を聴きながら愛車を洗車。

 

ひとしきり汗をかいたところでシャワーを浴び、

自宅の庭にて、ホットプレートで焼肉を。麦酒・ハイボールと共に。

少しのお肉、農家から頂いた野菜を焼き、庭で育てたサンチュを巻きながら美味しく頂く。

ささやかだがとても幸福を感じる。

 

自宅2を購入する観点(自然災害等々とインフレリスクも加味し)は以下であった。

・湧き水を汲める場所が歩いて行けるところにある。

・第一産業(農業)が目に見えるところにある。農家と知り合うことができる。

・少しでも自家菜園ができる事。

・燃料(薪など)で火を起こせるスペースがある事。

・平家である事。

 

図らずも歩いて3分圏内にはJRの駅(単線無人駅だが今となってはありがたい)、コンビニ、大きな公園もある。

友達が誰一人いないのが難点ではあるが、大変満足している。

終の住処となるのかな。わからない。

いつだって違う土地を眺めたりしている。

人生なんて、そんなものでしょう。

 

4月13日(水)

中川イサトさんの悲報を知る。

アルバム’黄昏気分’の4曲目’あふたぁぬぅん’にレコード針を落とす。

 

4月15日(金)

いつも通り7時15分より業務開始。

12時に店を出て、南酒々井にて打ち合わせ。

 

具体的な話はまだまだ出来ないが、大変ありがたいお話をいただいている。

大役だ。お引き受けしようと思っている。

実直に頑張るのみ。

酒々井からの帰り際、佐倉市にある歴史民族博物館での企画展’中世武士団’に向う予定だったが、

間に合わず。断念。残念。

 

4月18日(月)

店の掃除を丁寧に。

メール返信などの事務作業。

その後、自宅2へ帰宅。

 

昼食を食べて、大多喜町へ向かう。

丘の上の廃校がお気に入り。しばらくの間、近隣を散歩。

 

4月19日(火)

1ドル127円台に。(130円台は数日で達するでしょうね。)

加えて輸入依存国の日本。

 

検討に検討ばかりで何も変わらない現状を続けるお偉いさん。

インバウンドのへの舵取りが必要なのでは。

ここまで物価が安く、清潔で綺麗な国は他にないでしょう。

 

4月20日(水)

駅。

たくさんの高校生。下校のタイミングと被ったようだ。

一日中笑ったり泣いたり。沢山恋愛をしてほしい。

 

切符を買って京成大久保で打ち合わせに。

新しいことが色々と始まろうとしている。

新規案件。

自分に依頼があれば、まずは会いに行く。

目を見て聞き、自分の言葉を話す。

 

4月21日(木)

店、通常営業はおやすみでLIVE営業。

昨年の早い段階から決まっていた案件。

 

遠方からのお客様も多く、また、この日の前に食事に来てくださるファンの方もいらして(皆様とても感じの良い方ばかり)、

良い意味で緊張が続く日々を過ごしながら当日を迎えた。

 

演者とお客様。

そして、現場スタッフ、音響スタッフ、物販スタッフ。

それぞれの仕事があり現場が成り立っている。

ミスは許されない。

 

気持ちの良い疲労感。

プレッシャーも相当だが、常に人が見える仕事をしたいと思っている。

 

4月22日(金)

新しい場所でのライブ開催を考えている。

出演依頼しているメンバーと音響スタッフと現場調査を11時から。

みんなが喜んでくれる仕事がしたい。

うまくいくといいな。

現場調査を終えて喫茶店へ。

カフェヴェローチェはチェーン店ながらも独特な雰囲気があって好き。

 

4月23日(土)

今週は打ち合わせが続く。

夕方より京成佐倉にて打ち合わせ。

 

物事がスムーズに動くことがある。

風通しが良く、気持ちの良い思考、人選、アイデアなど、互い同士が強く引き寄せられる感覚。

仕事が楽しい。

幸せだ。

予約して下さったイタリアレストランも大変美味であった。

ありがとうございました。

 

4月24日(日)

自宅2に帰宅。

今週は疲労困憊。早々に就寝。

 

4月25日(月)

月に一度、母との食事の日。

予約してあった、印旛郡酒々井町にある’酒と二十四節気料理 きのえね omoya’さんで、

日本料理を食す。ロケーションも料理も大変素晴らしい。

母も喜んでいたので一安心。

今度はスタッフを連れてお邪魔しよう。

 

4月28日(金)

ピューっと風が吹くように、ここ数日があっという間に過ぎ去ってしまった。

移動が多く、店はここ最近任せっきりだ。

力強いスタッフがいて本当に感謝している。

 

電車移動中は、先日Aちゃんにお借りした本を読んでいるのだが(これがまた良本である)、

今日は、鞄に本を入れ忘れてしまった。電車移動の際、本を忘れてしまうとかなりきつい。。。

仕方ないので窓の外をずーっと眺めていた。

妊娠中の方、大切な人が亡くなってしまったり、喧嘩最中の夫婦、夕食を作るお母さん、

同棲中の彼氏彼女、初めての一人暮が始まったばかりだったり。

当たり前だが、車掌から見えるあの家やあそこの家にも毎日の生活があるのだ。

 

4月29日(金)

高額だとか安物だとかそんなんじゃないんだ。

大切なものは、拾ったものだろうが、べらぼうな値段がしようが関係ない。

歌が上手いとか下手とかも関係ない。

好きかそうじゃないか。だけ。

例えば、器の金継ぎは可愛くなるからとかお洒落とか、そんな気持ちで修理はしていない。

腕時計にしても長く愛したいから数年に一度オーバーホール修理をする。

当然の事、当たり前のことをしているだけ。

ありとあらゆるのもが使い捨ての時代、その波に流されずに生活したい。

 

4月30日(土)

店長Gが休日に赤坂へ行くとの事。

ソルロタン食べてきなよー。と、’赤坂一龍’をおすすめする。

 

 

今月の、、、。

■印象に残った本

・もう革命しかないもんね 森元斎

・スタグフレーションの時代 森永康平

・神道のこころ 葉室 頼昭

 

■素晴らしき映画

・すれ違いのダイヤリーズ

・完璧な他人

 

■日常にあった音楽

・1202 Kim Sawol

・お茶の時間 中川イサト

・Live In.. New York City Tex Crick

 

おちこち2022_正方形400

皆様こんにちは。

 

大変尊敬しておりますミュージシャン、おおはた雄一さんのミニツアーを企画させていただきました。

cafeSTANDの会場は3階のcafeSTAND’分室’となり「60Minutes 音楽会」と題しまして、

10人にも満たない極々少人数限定の60分間のスペシャルライブとなります。

息遣いをも聞こえてくる空間で、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

【おおはた雄一 ’おちこち’ 千葉を巡るミニツアー】

日時:6月10日(金)

会場:cafeSTAND ’3階分室’ 

開場:18:30

開演:19:00

料金:2500円(+1ドリンク)

■ご予約方法

5月7日(土)17時から受付開始。

メールでのご予約は、件名を「60Minutes 音楽会・予約」とし、お名前と参加人数お電話番号を明記し、

mail@cafestand.jpまで送信していただくか、弊店電話(043-254-2878)、店頭スタッフまで直接お声がけ下さい。

メール予約の場合、予約受付の可否のメールを必ず返信を致します。

数日経過しても弊店から返信が無い場合はお手数ですが、電話043-254-2878までご連絡願います。

3月1日(火)

9時から歯医者。その後、店の買い出し。

直売所には春野菜がちらほらと。白菜、大根が重くて立派。葉物も生き生き。

個人的に法蓮草は贔屓にしている野菜。

というのも、向田邦子さんの’夜中の薔薇’というエッセイ集の中の’食らわんか’で知った常夜鍋の主役が法蓮草で、

この鍋が本当に美味しくて、いつ何時食べても飽きない(かなりの頻度で食している)。

作り方も簡単でいたってシンプル。かつ、栄養満点。

 

3月3日(木)

朝から打ち合わせやらであちこちに。

 

3月6日(日)

読みかけの本、読了。

ネットや動画からインプットするよりも、文字からのインプットが自分には向いているし(もちろんメモも忘れずに)、

知を深めるにはやはり読書が有効だ。

当然の事ながらそこには対価を払う必要がある(もちろん図書館もよく利用させてもらってますが)。

タダより怖いものは無い。これは40数年生きてきて自分の中で刻まれながら実証されていること。

 

3月7日(月)

打ち合わせ2本。その後一週間ぶりに自宅2へ。

昼食を軽く済ませて映画’僕を育ててくれたテンダー・バー’鑑賞。

物語は、J.R.モーリンガーの自伝小説。叔父チャーリーの経営するテンダー・バーでの物語。

チャーリーの一言。

’たとえ、はさみで刺されても、決して女性に暴力をふるうな’

エンディングはスティーリーダンの’Do It Again’

こういう古き良きアメリカ、男臭い青春映画を観た後は煙草吸いたくなるよねぇ(吸わないけども)。

 

3月8日(火)

5時起床。自宅近くにある大きな公園を散歩。珈琲を持って。

その後、車で南房総方面へ。直売所3件に立ち寄り帰宅。

三芳村あたりはとっても良い場所だとつくづく思う。

21時就寝。

 

3月9日(水)

業務終了後、店長Gと馴染みの中華屋さんへ。

本日も我が街、西千葉の街中華屋は大盛況だ。

いつもの奥席に。

瓶麦酒、春巻き、麻婆豆腐、炒飯など。

食事も中盤に差し掛かった頃「社長から新作の一品をサービスです。」と、

そっと我々の円卓に。

厨房へ目をやると社長の優しい目。

深々と感謝のお辞儀をする。

 

3月10日(木)

快晴。

街を歩く人々、駅のホーム、バスを待つ人、誰もが携帯、携帯、携帯、携帯。

小さなディスプレイを眺めている。

 

咲き乱れる準備をしている木々たち、新緑の美しさ、鳥の声、澄んだ空、暖かい日差し。

それらを感じること、眺めること。どちらが正しく美しい世界だろうか。

 

常に後者でありたいと思う。

 

韓国ソウルに住む友人とmail。

保守系最大野党の勝利に終わった大統領選挙について。

彼の支持者は結果実らず。

どの国も闇は深い。

 

夕方からは千葉で会食。

お互いの(経営者同士)近況報告と情報交換会。

美味しいクラフトビールをいただく。

Aさんご馳走様でした。

 

3月11日(金)

合掌

 

3月12日(土)

イメージしている考えがまとまらない。

ややこしくしているのは自分自身。

シンプルにと思っていても、頭が硬くなるとやこしくしてしまう。

常に考える。

シンプルに前に前に。

 

3月14日(月)

月一回、母との食事。とんかつが食べたいとのリクエスト。

揚げたてって幸せ。

 

日が暮れぬうちに帰宅。

夕食は、蕎麦。佐賀県、有明海の海苔をちらして。

ラフロイグを寝酒に。

 

3月15日(火)

自宅1への戻り日。

9時から歯医者→店の買い出し→取引先銀行振込・店用に小銭両替→店と事務所用の備品を買い出しへ。

千葉そごう、ヨドバシカメラ、キンコーズ(その後、40分余裕ができたのでディスクユニオンへ寄り道。レコード3枚購入)→

17時半から一件打ち合わせ。淡々とToDoリスト通り執行。気付くと19時。ビール飲みたいなぁ。

 

3月16日(水)

店は盛況。ありがたい。

業務終了後、次回スタンド寄席の打ち合わせを席亭のSさんと馴染みの小料理屋で。

お呼びする噺家さんと開催時期の大まかな枠組みが決まる。

春野菜の天ぷら、牛すじ煮込み、マカロニサラダ等々、今宵も美味しくいただく。

 

3月19日(土)

自宅2の小さな庭には、今年もクリスマスローズが咲きはじめる。

店内用にいくつかを摘んで出社。

 

3月20日(日)

会食。

カレーと赤ワインを。

ひとしきり大笑いし21時前には解散。

美しい人達は別れ際が清い。

だからまた会いたくなるのだろう。

 

3月21日(月)

お彼岸。

電車でお墓参りへ。空気公団’風の瞬間’を聴きながら。

祖母の危篤時、自分は大層の理由もないのに駆けつけることが出来なかった。

今でも悔やんでいる。

おばあちゃんごめんね。でも、いつも毎日想っているよ。

おばあちゃんの小さな手がすごく好きだった。

おばあちゃんが作ってくれたお味噌汁が大好きだった。

 

午後からは車で大多喜へ。気になっていた街。

養老渓谷方面から抜けて、大多喜駅へ。駅の周りを一時間ほど散歩。

また行きたい街が増える。4月にもう一度行こうと思う。

 

3月22日(火)

起床して珈琲を一杯。

ニーナ・シモン’At the Village Gate ’を聴きながら。

 

9時、自宅2出発。店の買い出しで少し遠い直売所へ。

12時、西千葉の自宅1到着。

15時、電車で船橋へ、久しぶりの友人Oと会うために。

Oと私は誰にも頼まれることなく数年前から’秘境居酒屋倶楽部(略してH.I.C)’を結成している。

南は富津から千葉近辺は勿論のこと都心は立石まで。

美味しくてヤバい(良い意味で)店をお互いに紹介しつつ足を運んでいる。

(H.I.C会員は常に募集してます。)

仕事だって趣味だって何だって楽しい人生は自分自身で切り開くのだ。

 

3月23日(水)

江戸川乱歩、再熱。

 

3月25日(金)

店のターンテーブルのメンテナンス。

明日は久しぶりにあの方が(背筋が伸びますね)、来店。

明後日はおとぎ話の有馬くんと牛尾くんのライブ開催。

レコードをかける夜が続くのは間違いないから。

 

3月26日(土)

17時にご来店、お茶を飲んだあと、小料理屋へ移動。

その後、STANDで飲み直し。

本人の前で本人が歌うレコードをかけるという日。

それもあって私は酩酊気味。

 

3月27日(日)

通常営業は14時迄。

夕刻から有馬くんと牛尾くんのライブ。

言わずもがな最高の夜に。

打ち上げは、STANDでテーブルを囲みながらワイワイと。

終盤に差し掛かったところで、おとぎ話のニューアルバム(ミックス前)の爆音視聴会!!

ひとしきり感動と感想を述べた後は、レコード爆音大会へ突入。

ビートルズ、オアシス、ストーンローゼズ、レディオヘッド、その他諸々。

10代から収集している僕のレコード群を前に牛尾くんもご満悦。

嬉しいね。

 

3月28日(月)

有馬、牛尾、私、千葉駅近くのホテルをチェックアウト。

幕張新都心のホテルまで車を走らせビュッフェランチを堪能。

8月の日比谷野音までの構想を練る。気付くとランチのラストオーオーダーに。

その後、自宅2へ帰宅。

 

3月29日(火)

昨日までの楽しいばかりが人生ではないのだ。10時は目前、恐怖の日。

抜歯。

親知らずを含め一気に二本。

全ては将来のために。

 

映画館の予約、キャンセル。

深夜、映画’タレンタイム’再見。

歯の痛みも忘れる程にいつ観ても良き映画。

 

3月30日(水)

映画’私の少女’を。

ぺ・ドゥナはいい女優さんだよなぁ。

見惚れてしまう。

 

3月31日(木)

昼過ぎから眼精疲労が顕著に。

夜の読書は老眼鏡必須になってしまった。

確実に老いているのだ。それでも人生楽しまなきゃね。

 

後記

最近、とある方に、このブログには個人的な意見などを寄せるコメント欄はないのですか??と、聞かれたことがありました。

現状、1月〜3月まで日記風に綴ってみましたが、いつまで続くかもわかりませんし、

諸事情により、ピタッと更新がなくなるかもしれません。

あくまでも私個人の思っている事などを、つらつらと’店のブログ’に掲載しているだけのものであり、

当然ながら店のスケジュールやイベント情報が主となりますので、

現状、コメント欄を付帯することは考えていません。(紛らわしくてすいません‥‥。)

 

とはいえ、個人的なブログ中に何か感じたことや相談事(たわいのない話でもOKですよ!!)等々ございましたら、

遠慮なく、こちらのメールアドレスまでお願いします〜。→  post.tsukamoto@cafestand.jp (塚本宛)

 

 

今月の、、、。

■印象に残った本

・もてなしとごちそう 中村安希

・狩の思考法 角幡唯介

 

■素晴らしき映画

・タレンタイム

・国際市場で逢いましょう

・僕を育ててくれたテンダー・バー

 

■日常にあった音楽

・PIANO DIARY Henning Schmiedt

・URSGAL Enji

・Miles Davis & The Modern Jazz Giants Miles Davis