こんにちは。

夏が終わり、秋到来ですね。

今週の週末ですが、スケジュールに変更がありました。

ご確認して頂けますと幸いです。

宜しくお願いします。

 

9月22日(土)  昼の部:15時迄、夜の部:貸切営業

9月23日(日)  通常営業16時閉店

9月24日(祝月) LIVE営業、出演:カジヒデキ/堀江博久

 

top

第7回目となる「POP HIKE CHIBA」。【POP HIKE CHIBAのアーカイブス→Vol.3→Vol.4→Vol.5→Vol.6→

今回もゲストハイカーにハイカーズデポ店主・土屋氏をお招きし、

第5回目でも訪れたクオードの森へ小湊鉄道月崎駅から少しマニアックなコースを使ってご案内します。

あまり人が歩いていないトレイルをほんのちょっとだけ冒険気分で歩きたいと思います。

少し注意が必要で慎重に歩かなければ行けない箇所がありますが、

スタッフが安全を確認し、サポートもしますので初心者の方もご安心ください。

 

ランチは、クオードの森の広場にて。

各自バーナーなどをお持ちいただいて温かい食事を取っていただきます。

(もちろん、バーナー等を使わずにお弁当等でも大丈夫です。)

お湯沸かしや調理道具などのギアを買ったはいいが使い方がよく分からないという方も

スタッフがお手伝いしますのでこの是非この機会にお持ちいただいてトライして見てください。

 

昼食後は、「道具から見るウルトラライトハイキングの世界」と題し、

ハイカーズデポ土屋氏、TRAILS佐井氏、Great Cossy Mountain大越氏のハイキング道具を例に、

「ただ軽いことだけがウルトラライトではない」という事を通して、

ウルトラライトハイキング、ウルトラライトハイキングギアの魅力をお伝えしたいと思います。

もちろん今回もcafeSTAND店主・塚本が自らドリップした、POP HIKE オリジナルブレンドコーヒーがふるまわれます。

 

ハイキングコース会場の最寄り駅である月崎駅へは、もはやPOP HIKE CHIBAではお馴染みの小湊鉄道を一両貸切で向かいます。

月崎駅から全行程10キロほどのハイキングコースを、ゆっくり4時間ほどで回ります。

コース上注意の必要な場所がありますが、基本的には初心者向けのハイキングコースですので、

最低限の道具(リュックやカッパ、防寒着、スニーカー)を除き、本格的な登山道具は必要ありません。

 

そして、もちろん今回もcafeSTANDにてアフターパーティーを開催いたします。

アフターパーティーでは、

「禅ヒッピーが夏のシエラを行く。

~ハイカーがマッターホルン・ピークの頂に立つささやかだけれど絶対的な理由~」と称し、

この夏、3週間に渡り夏のシエラネバダを中心にハイキングをしてきた土屋氏に海外ハイキングの魅力を語っていただきます。

もちろん、POP HIKE ですので、内容はその綺麗な景色の写真や海外ハイキングのハウツー的な内容にとどまりません。

ビート文学、ヒッピーカルチャー、バックパッキングムーブメント、

日本発祥の禅の世界観などを切り口に、ハイキングの魅力を紹介していただきます。

是非ともハイキングと合わせてパーティーの方もご参加頂けたらと思います。

皆様のご参加、お待ちしております。

 

■POP HIKE CHIBA Vol.7 in 月崎・天馬橋ルート■

【日程】

2018年10月20日(土)雨天決行(荒天除く)

【スケジュール】

09:00 集合(JR五井駅)

09:25 五井駅発(小湊鉄道・貸切)

10:22 月崎駅着

10:30 – 13:00 ハイキング

13:00 – 15:00 ランチ、ワークショップ等

15:00 – 16:30 ハイキング

16:42 月崎駅発

17:38 五井駅着(一旦解散)

18:30 POP HIKE PARTY(西千葉・cafeSTAND)

歩行距離:約10キロ

歩行時間:約4時間(途中トイレ休憩等含む)

 

■POP HIKE PARTY in cafeSTAND■

18:30 – 21:30(フード&1ドリンク付)

『禅ヒッピーが夏のシエラを行く。

~ハイカーがマッターホルン・ピークの頂に立つささやかだけれど絶対的な理由~』

スピーカー:土屋智哉(ハイカーズデポ店主)

 

■ハイキング参加費(POP HIKE PARTY含む)■

料金:9,000円(税込)

ガイド料、コーヒー、交通費(小湊鉄道)、1日傷害保険第含む

※ハイキングイベントへの参加は、基本的に中学生以上に限らせていただきます。

また、子供料金の設定はございませんので予めご了承ください。

※中学生以下のお子様について。「保護者2名以上、歩けない場合は保護者が背負うことができること。」を条件とさせて頂きます。

(メールにてご相談いただけたらと思います。)

※お時間の都合上、ハイキングしか参加出来ない方は、申し込みメールにてその旨をお伝え下さい。

 

■注意事項■

・JR内房線、小湊鉄道 五井駅から現地最寄り駅(月崎駅)までの移動は小湊鉄道(一両貸切)になります。

・集合場所(JR内房線 五井駅)までにかかる往復の交通費は、各自お客様のご負担となります。

・昼食の提供はございませんので、各自お弁当などをご用意ください。

 

■申し込み方法

下記メールアドレスまでご連絡下さい。

pop-hike-chiba@cafestand.jp

※必ず返信しますので、上記メールアカウントを有効にして下さい。(迷惑メールに受信される可能性があるため。)

※申し込みメール送信後、五日程経過しても返信がない場合は、恐れ入りますがcafeSTANDまでご連絡下さい。

件名を「POP HIKE CHIBA 7参加申し込み」として頂き以下を記入して下さい。

1.代表者氏名

2.代表者のメールアドレス

3.全員の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別(※一日傷害保険加入のため正確にお願いします。)

申し込み締め切りは 10月14日(日)

 

※申し込み期限前でも定員に達し次第、締め切りいたします。予めご了承下さい。

※当日キャンセルについては、参加費をご請求させていただきます。

なお、当日の必要な持ち物、注意事項等は、改めて参加者様へご連絡いたします。

 

 ■ゲストハイカー■

tsuchiya

土屋 智哉/TSUCHIYA TOMOYOSHI

東京・三鷹ハイカーズデポ店主。

大学探検部で登山を始め、後にアメリカでウルトラライトハイキングに出会う。

北米西海岸発生のウルトラライトハイキングに傾倒すると同時に、

日本の山、山歩きのすばらしさも再発見する。

現在は、自ら経営するハイカーズデポはもとより、雑誌、ウェブなど様々なメディアから、

あらゆるスタイルでのハイキングの楽しみ方を発信している。

著書 『ウルトラライトハイキング』(山と渓谷社)

 

■サポートハイカー ■

sai

佐井聡・和沙/SAI AKIRA /SAI KAZUSA

トレイルカルチャーウェブマガジン『TRAILS』 運営/編集長

学生時代にバックパッカーとして旅をしていた2人が、

2008年にウルトラライトハイキングというスタイルに出会い、旅する場所をトレイルに移していき、

2013年に『TRAILS』をスタートさせる。

『TRAILS』の運営に加え、ロングディスタンス・ハイキングにフォーカスした書籍『LONG DISTANCE HIKING』の発行など。

メディア運営から,イベントや製品プロデュースまで様々なトレイルカルチャーの発信を行っている。

東金市出身。船橋市在住。

 

ogawa

小川竜太/OGAWA RYUTA

トレイルカルチャーウェブマガジン『TRAILS』にて、編集、MOVIE作成、イベントディレクターを担当。

2015年末のTRAILS CARAVAN(ニュージーランドのロング・トリップ)から、『TRAILS』のクルーとしてジョイン。

野外フェス、コンテンポラリーダンス、文化史研究などの趣味が合流して、なぜかウルトラライトハイキングに行きつく。

パタゴニア、ニュージーランド、香港などの海外トレイルから、日本では信越トレイル、北根室ランチウェイ、

四国お遍路、熊野古道などのトレイルを旅した。

市川市出身。

 

pophike_prof_nezu

根津貴央/NEZU TAKAHISA

トレイルカルチャーウェブマガジン『TRAILS』にて、編集およびライティングを担当。

コピーライター、フリーライターを経て、2018年4月に、『TRAILS』のクルーとしてジョイン。

アメリカのロングトレイル『パシフィック・クレスト・トレイル(PCT)』での数カ月にわたる旅をきっかけに、

ロングディスタンスハイキングに没頭するようになる。

現在はヒマラヤのロングトレイル『グレート・ヒマラヤ・トレイル(GHT)』 の踏査プロジェクト(GHT Project)も手がけている。

 

okoshi

大越智哉/OKOSHI TOMOYA

高校山岳部からオールシーズン、オールジャンルで登山を楽しむ。

近年は、主に無雪期のウルトラライトハイキングとトレイルランニングに没頭。

同時にハイキング道具の自作を行う。

現在は、「GREAT COSSY MOUNTAIN」を設立し、オリジナルハイキング用品を製造販売中。

千葉市出身。千葉市在住。

 

minoru

田崎稔/TAZAKI MINORU

サラリーマン。

20代からヒッチハイク、バイク旅行を始める。

バイクを手放した事をきっかけに、千葉県内で里山から里山を結ぶ旧生活山道を、

拙い自作ギアで週末たまに歩く。

千葉市出身。千葉市在住。

 

■オーガナイザー ■

tsukamoto

塚本 耕平/TSUKAMOTO KOHEI

株式会社STANDARD代表、cafeSTAND店主。

cafeSTANDにて飲食店の傍ら、曽我部恵一、Caravan、カジヒデキ、等々の多くのアーティストのライブを実施。

また、カフェなどの飲食店の依頼によるライブ制作も行っている。

近年は、韓国カフェ文化との交流により日本人アーティストの韓国ツアーライブもオーガナイズしている。

ハイキングと長年慣れ親しんできたポップソング、メロウに流れるカフェでの時間、

この三つの親和性を発見し「POP HIKE CHIBA」を企画。

川崎市出身。千葉市在住。

第十七回「スタンド寄席」のお知らせです。

 

cafeSTANDが四ヶ月一度、即席寄席へと変わります。

日曜日の夕方、笑いの一席をいかがでしょうか。

ご来場、お待ちしております。

 

【スタンド寄席】

場所:カフェスタンド

出演:春風亭一蔵

日時:2018年9月2日(日)

開場:18時 / 開演:18時半

料金:二千円

予約:カフェスタンド(043-254-2878)までにお電話頂くか、

mail:mail@cafestand.jp(件名を「スタンド寄席予約」とし、お名前と予約人数を明記下さい)

 

スケジュール(予定)

18時 :開演

18時半:一席目開始

19時 :中入り

19時半:二席目開始

20時半:終了

 

プロフィール

春風亭一蔵(しゅんぷうていいちぞう)

2007年8月 春風亭一朝に入門

2008年4月 前座となる。前座名「朝呂久」

2012年11月 二ツ目昇進「一蔵」と改名

今週、18日(土)の夜の部はイベント営業につき通常営業はございません。

 

 

年四回、春夏秋冬の定期的イベント『PEPE Night 夏編』、

cafeSTANDで最も長く続くパーティーです。

 

PEPE NightのPEPEとは、シェリー酒のTioPEPEを指しており、

スペイン、アンダルシア地方のワインです。

九十九里産のいわしのごま漬けを中心に、

(ごま漬けは時期によって入荷出来ない場合があります。ご了承下さい。)

シェリー酒に合うおつまみプレート、お酒、音楽を楽しむ事をコンセプトとしたイベントです。

毎回恒例、案内人のsanbe氏による手作り特製ソーセージも振る舞われます。

 

ホームパーティーの延長上のようなものでして、

ドリンク2杯とおつまみプレートがついた、お得なイベントです。

お酒が飲めなくてもお気軽にご参加下さいね。

 

PEPE Night 夏編」

日時:2018年8月18日(土)

料金:¥2500(2ドリンク+おつまみプレート付き)

時間:19:00-23:30

案内人:sanbe

DJ:むじんくん、sanbe andmore!!

 

皆様のご参加、お待ちしております。

よろしくお願いします。

こんにちは。

三回目を迎えるPEANUTS CAMP、いよいよ二週間後となりました。

今年もcafeSTANDは出張喫茶で出店させて頂きます。

実行委員会の計らいにより昨年同様、アイスコーヒー、アイスカフェラテに関しては、

当店のみの販売となりますので、是非ともご来店下さいね。

例年、大変人気の高い台湾冷菓「豆花」も勿論提供させて頂きます。

(出店準備の為、お店が多くなります。詳しくはこちらをご覧下さい。

 

cafeSTANDの出店メニューは以下の予定です。

【PEANUTS CAMP 出張喫茶メニュー】

・豆花《きび糖シロップ味》

・深煎りアイスコーヒー

・深煎りアイスカフェラテ

・擦りおろし梨ジュース

・オーガニックジンジャーエール

・瓶ドリンク各種(瓶でのご提供となります)

 

お店のお客様も続々とチケットを購入して下さっていて、本当に楽しみにしています。

まだまだ、チケット販売中です。

大空の下、皆で楽しみたいですね。

 

当日お会いしましょう。

よろしくお願いします。

おはようございます。

本日8日(水)ですが、都合によりお休みを頂きます。

急な変更となりまして大変申し訳ございません。

また、明日9日(木)に関しましても台風の影響により営業時間の変更等々が予想されます。

ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

皆様もくれぐれもお気をつけ下さいね。

こんにちは。

本日、27日(土)の「夜の部」ですが、

台風の影響を考慮し、ドリンクオーダーのみ、20時半閉店とさせていただきます。

(スタッフの帰宅状況を優先させていただきます。)

 

皆様、外出時はくれぐれもご注意くださいね。

よろしくお願いいたします。

f5dfac5693215c1713e5a075a1cb666b

2013年。

夢にまで見ていた、サニーデイ・サービスのライブ企画が実現した韓国での二日間。

大成功を収めた(と思っている。)ライブが終了し、

一頻り打ち上げが終わった後のこの写真に晴茂さんの姿はない。

参加せずにホテルに戻ったのだった。

さらに言うと、ホテルまでアテンドしたのは僕だった。

 

 

言葉少なく春を待つソウルの夜の街を共に歩いたのを覚えている。

「サニーデイで一番好きな曲はなんですか?」と、唐突に聞く僕。

笑顔で答えてくれた晴茂さん。

「曽我部の作った曲は全部かな。」と。

 

 

何もかもなくしてしまった97年。

混沌とした月日を重ねていた日々。

 

サニーデイ・サービスは、98年7月15日に「24時」を発売。

僕はこのアルバムの「今日を生きよう」という曲に大変救われました。

20年後、同日7月15日。

晴茂さんの訃報が発表されたのは、偶然なのでしょうか。

 

一つの歴史は終わりを迎えました。

後にも先にも、ここまで僕を助けてくれたのはこのバンド以外は思い浮かびません。

 

晴茂さん。

さようならです。

ありがとうございました。

どうか安らかに。

またどこかで。

 

 

こんにちは。

スケジュールのご確認です。

今週のcafeSTANDスケジュールですが、以下の曜日が変則的となります。

ご注意下さいませ。

 

7月18日(水)水道管検査の為、夜の部:お休み

7月21日(土)水道管検査の為、昼の部:15時まで/夜の部:お休み

 

宜しくお願いします。

こんにちは。

梅雨も明けまして、毎日猛暑が続いておりますね。

そんな暑さを振り払うべく、7月度より新メニューの提供が始まりました。

以下、メニューとなります。

 

【季節のドリンク】

・オーガニックジンジャーエール

国産有機生姜を使用したジンジャーエールにSTAND特製蜂蜜漬け生姜を添えて。

 

【夏季限定冷菓】

・豆花(トウファ)

台湾風豆乳プリン。

STAND定番のきび糖シロップ味と、今年は、桃ミルク味もご用意しました。

 

この機会に是非ともご賞味下さいね。

よろしくお願いします。