写真

旅の途中。

仙台、国分町。

 

 

隣で飲んでたトラック運転手。明後日、島根まで荷物を運ぶそうだ。

時間だけはたっぷりある。

 

島根まで乗せて下さいよ。と、私。

おぉ、いいよ。と、セブンスターを燻らせたパンチパーマの運転手。

 

 

日本海側へ北上。

中部地方、近畿地方を抜けて島根県松江市に到着。

 

 

ありがとうございました。

これ受け取って下さいと、セブンスターと封筒にしのばせたいくらかのお金。

 

ばかやろ。

これで飯と旅の足しにしろと、ポケットから一万円。

楽しかったんだよ。お前、何か商売やるべきだよ、うん。と運転手。

 

 

穴井さん。

お元気でしょうか。

あれから一度もお会いしてませんね。

気づいたら36歳。あの時の穴井さんの歳になってました。

 

 

先日、長野出張で休憩したどこかのサービスエリア。

並ぶトラックを見て、急に思い出したパンチパーマの助手席。

当時19歳の出来事。

 

 

 

cafeSTAND、本日も営業中です。