Tenzin Choegyalの来日公演が決定しました。

チベット音楽とアフガニスタン音楽。

普段、あまり耳しない音楽を体感できるかと思います。

皆様のご来場、お待ちしています。

 

[Tenzin Choegyal Japan Tour 2014 チベット 遥かなる歌声]

日時:2014年10月21日(火)

出演:Tenzin Choegyal (歌、ドラニェン、リンブー) / 寺原太郎(バーンスリー)

共演:ちゃるぱーさ(アフガニスタン音楽)

開場:19:30 / 開演20:00

会場:cafeSTAND

料金:2,500円(+1ドリンク 500円) / 3,000円(+1ドリンク 500円)

予約:043-254-2878

 

本日、9月15日よりチケットを販売開始します。ご予約方法は上記の電話番号までお願いします。

ご予約時に、全員のお名前と電話番号をお願いします。

 

 

Tenzin Choegyal

チベットとネパールの国境の国、ムスタン出身。子供の頃に父親を亡くし、母親、兄弟とともにダラムサラ(インド)に移住。

16年前よりオーストラリアに拠点を移し音楽活動を始める。

2001年、ダライ・ラマ14世が提唱した「世界聖なる音楽祭2001」(インド・バンガロール)に出演。

その後もオーストラリアニュ-ジーランドで開催される文化イベント・コンサ-ト及びミュ-ジックフェスティバルに多数出演している。

昨年3月米カーネギーホールで開催されたTibet House’s 21st Annual Benefit ConcertではPatti Smith、Taj Mahalらと共演。

民族楽器「ドラニェン」を奏でながら歌うテンジン・チョーギャル氏のエネルギッシュで優しい歌声はシンプルなメロディーのなかに

独特の強烈なバイブレーションを持ち、氏の故郷であるヒマラヤの澄んだ空へと聴衆を誘う。

http://www.tenzinchoegyal.com/

 

寺原太郎

92年より巨匠ハリ・プラサード・チョウラスィア師の弟子である中川博志氏に、

96年より巨匠ニキル・ベナルジー師の愛弟子H.アミット・ロイ氏に師事。06年よりオーストラリアWoodford folk festivalに出演。

07年坂本龍一プロデュース「ロハス・クラシックコンサート」出演。

11年映画「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ永遠に」12年映画「るろうに剣心」で挿入曲を担当。

第10回千葉市芸術文化新人賞奨励賞を受賞。インド、オーストラリア、南米をはじめ国内外で演奏活動を行う。

インド古典音楽の深い理解に基づく、叙情的かつダイ ナミックな演奏で、各方面より高い評価を受ける。

http://srgmtaro.jimdo.com/