「ブラジルへ行った」とか

「アマゾンへ行った」なんていうのは、

ほんとうはどうでもいいことなのだ。

肝心なのは、いかにその土地を自分が通り過ぎ、

いかに自分の中をその土地が通りすぎていったかということだ。

[高野 秀行 著 「巨流アマゾンを遡れ」より]

 

 

定期的に思い出すこの強烈な言葉。そろそろ旅の準備をしよう。

 

cafeSTAND、本日も営業中です。