top

規定人数に達した為、ご予約を閉め切らせて頂きました。たくさんのご応募、ありがとうございました!!

第5回目となる「POP HIKE CHIBA」。

今回は趣向を変えて、いちはらクオードの森(旧市原市民の森)を舞台に行います。

(POP HIKE CHIBAのアーカイブスはこちらから。 vol.3→  /vol.4→ )

頂上を目指す、いわゆる「登山」も楽しいのですが、

純粋に自然の中を「歩く(=ハイキング)」という行為の魅力をよりお伝えしたいと考えたからです。

また、今回は会場である、いちはらクオードの森の広場をお借りして、

「食べる」、「寝る」という行為の魅力についても併せてお伝えできればと思います。

 

単純に「食べる」、「寝る」といっても様々なスタイルが存在します。

TRAILS佐井夫妻、Great Cossy Mountain大越氏による火器や食事スタイル、

行動食などを紹介したいと思います。

 

そして、今回もゲストハイカーとしてハイカーズデポ店主・土屋氏をお招きし、

土屋氏には、「秘密基地を作ろう!」と題し、身の回りの物を使って屋外で寝るための

「基地=寝床」を作るワークショップ形式の講座を開催していただきます。

山で寝るということが、決して特別ではない(もちろん準備は必要ですが)ということに

気付いていただける内容になるかと思っています。

もちろん今回も、cafeSTAND店主・塚本が自らドリップした、

POP HIKE オリジナルブレンドコーヒーがふるまわれます。

 

会場である、いちはらクオードの森の最寄り駅である月崎駅へは、

ローカル感漂う小湊鉄道をPOP HIKE CHIBAで一両貸切で向かいます。

月崎駅からクオードの森までの往復を含めて全行程10キロほどのハイキングコースを

ゆっくり3時間半から4時間ほどで回ります。

初心者向けのハイキングコースですので、最低限の道具(リュックやカッパ、防寒着、スニーカー)を除き、

本格的な登山道具は必要ありません。

 

そして、もちろん今回もcafeSTANDにてアフターパーティーを開催いたします。

アフターパーティーでは、「みんなの泊道具あれこれ座談会」と称し、

本場アメリカでウルトラライトハイキングを実践し、

またそのスタイルを日本の気候や地形に合わせ紹介してきた土屋氏、

世界中の様々なハイキングスタイルに精通し、夫婦(カップル)で、

また子連れでもハイキングを楽しむ佐井夫妻、

そして自ら道具を作り本場アメリカとは少し違う日本人ならではの視点での

ウルトラライトハイキングを提案する大越氏、三者三様の1泊(あるいはそれ以上)の

ハイキングスタイルを実際のギアをお見せしながら座談会形式でご紹介します。

ハイキングイベント中に紹介する「歩く」、「食べる」、「寝る」という行為に必要な道具や

それを使う考え方などがより深くご理解いただける内容になるかと思いますので、

是非ともハイキングと合わせてパーティーの方もお気軽にご参加頂けたらと思います。

 

■POP HIKE CHIBA Vol.5 in いちはらクオードの森

【日程】

2016年9月10日(土)雨天決行(荒天除く)

【スケジュール】

09:00 集合(JR五井駅)

09:25 五井駅発(小湊鉄道・貸切)

10:22 月崎駅着

10:30-12:00 ハイキング

12:00-14:30 ランチ、ワークショップ等

14:30-16:30 ハイキング

16:42 月崎駅発

17:38 五井駅着(一旦解散)

18:30 POP HIKE PARTY(西千葉・cafeSTAND)

 

歩行距離:約10キロ

歩行時間:約3時間半~4時間(途中トイレ休憩等含む)

 

■POP HIKE PARTY in cafeSTAND

18:30−21:30

「みんなの泊道具あれこれ座談会」

スピーカー:土屋智哉(ハイカーズデポ店主)

佐井聡・和沙(TRAILS代表)

大越智哉(Great Cossy Mountain代表)

 

■ハイキング参加費

料金:6,500円(税込)

ガイド料、コーヒー、交通費(小湊鉄道)、1日傷害保険第含む

※ハイキングイベントへの参加は、基本的に中学生以上に限らせていただきます。

また、子供料金の設定はございませんので予めご了承ください。

*中学生以下のお子様について。

「保護者2名以上、歩けない場合は保護者が背負うことができること。」を条件とさせて頂きます。

(メールにてご相談いただけたらと思います。)

 

■POP HIKE PARTY in cafeSTAND

料金:2,000円(税込)

フード&1ドリンク付

 

注意事項

・JR内房線、小湊鉄道 五井駅から現地最寄り駅(月崎駅)までの移動は小湊鉄道(一両貸切)になります。

・集合場所(JR内房線 五井駅)までにかかる往復の交通費は、各自お客様のご負担となります。

・昼食の提供はございませんので、各自お弁当などをご用意ください。

 

■申し込み方法

下記メールアドレスまでご連絡下さい。

pop-hike-chiba@cafestand.jp

件名を「POP HIKE CHIBA 5参加申し込み」として頂き以下を記入して下さい。

1.代表者氏名

2.代表者のメールアドレス

3.全員の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別

※一日傷害保険加入のため正確にお願いします。

4.全員の内訳(A.ハイク・パーティー共参加、B.ハイクのみ参加)

申し込み締め切りは 9月4日(土)

※申し込み期限前でも定員に達し次第、締め切りいたします。予めご了承下さい。

なお、当日の必要な持ち物、注意事項等は、改めて参加者様へご連絡いたします。

 

■スタッフ紹介

・ゲストハイカー

tsuchiya

土屋 智哉 Tomoyoshi Tuchiya

東京・三鷹ハイカーズデポ店主。

大学探検部で登山を始め、後にアメリカでウルトラライトハイキングに出会う。

北米西海岸発生のウルトラライトハイキングに傾倒すると同時に、

日本の山、山歩きのすばらしさも再発見する。

現在は、自ら経営するハイカーズデポはもとより、雑誌、ウェブなど様々なメディアから、

あらゆるスタイルでのハイキングの楽しみ方を発信している。

著書 『ウルトラライトハイキング』(山と渓谷社)

 

・サポートハイカー

sai

佐井聡/和沙 Akira Sai /Kazusa Sai

トレイルカルチャーウェブマガジン『TRAILS』 運営/編集長

学生時代にバックパッカーとして旅をしていた2人が、

2008年にウルトラライトハイキングというスタイルに出会い、旅する場所をトレイルに移していき、

2013年に『TRAILS』をスタートさせる。

『TRAILS』の運営に加え、ロングディスタンス・ハイキングにフォーカスした書籍『LONG DISTANCE HIKING』の発行など。

メディア運営から,イベントや製品プロデュースまで様々なトレイルカルチャーの発信を行っている。

東金市出身。船橋市在住。

 

・サポートハイカー

okoshi

大越智哉 Tomoya Okoshi

高校山岳部からオールシーズン、オールジャンルで登山を楽しむ。

近年は、主に無雪期のウルトラライトハイキングとトレイルランニングに没頭。

同時にハイキング道具の自作を行う。

現在は、「GREAT COSSY MOUNTAIN」を設立し、オリジナルハイキング用品を製造販売中。

千葉市出身。千葉市在住。

 

・オーガナイザー
tsukamoto

塚本 耕平 Kohei Tsukamoto

株式会社STANDARD代表、cafeSTAND店主

2007年2月、cafeSTANDオープン。

2012年2月、株式会社STANDARD設立。

cafeSTANDにて飲食店の傍ら、曽我部恵一、Caravan、カジヒデキ、等々の

多くのアーティストのライブを実施。

また、カフェなどの飲食店、各種企業からの依頼による、

ライブ制作やアーティストブッキングも行っている。

近年は、韓国カフェ文化との交流により日本人アーティストの韓国ツアーライブもオーガナイズしている。

ハイキングと長年慣れ親しんできたポップソング、メロウに流れるカフェでの時間、

この三つの親和性を発見し「POP HIKE CHIBA」を企画。

千葉市出身。千葉市在住。