おはようございます。

 

2017年12月31日、大晦日、朝6時。

本を読み終えたところです。

 

今年もたくさんの方々に、cafeSTANDをご利用いただきました。

ありがとうございます。

年始は1月4日(木)より営業開始となります。

よろしくおねがいいたします。

 

 

今年も残すところあと僅かとなりましたね。

皆様、2017年は如何でしたか。

健康でしたか?

恋はしましたか?

 

私はといいますと、人生の節目といえる年になったようです。

cafeSTANDは10年を終えました。

そして僕は、40歳になりました。

 

「不惑」

40歳の異名。

読んで字の如く、迷いがなくなる歳だそうです。

 

9月19日(火)晴。

海岸沿いを抜けて、市役所を左へ。

いつものように白檀香る線香に火を灯していると、

お墓から「ねぇ、私、もう大丈夫だよ〜。」と聞こえた気がしました。

 

20年前。

1997年9月、金木犀が香る頃。

季節を分け合った彼女は殺人事件に巻き込まれ、

最悪なかたちで、この世界と僕の前からいなくなりました。

18歳でした。

 

好だった景色、食事の風景も笑顔も。

好きな色も歯並びも。

共に口ずさんだ音楽。

貸借りしていたCDは全て一緒に焼いてしまったし、

君との記憶はこの20年間で薄れていくようです。

なんて、嘘だけど。

 

お墓で聞こえた(と思ってる。)君の言葉で、

迷い彷徨い続けた、深く暗いトンネルからようやく抜けられる気がしています。

「不惑」とまではいかないけど、ありがとね。

 

世の中は平等ではありません。

間違いなく不平等です。

 

どうやら平和になることも難しいみたいです。

だれもが解っています。

いつになっても、偽善者も含めて平和を唱えます。

 

ですが、

皆様も僕も生きている限り、必ず誰かの役に立っています。

これは間違いないことだと確信しています。

 

cafeSTANDは、2018年2月で11年が経過します。

過ぎ行く季節の中で、

11年間中のどこかの時間を皆様と空間を共有できていることを、

僕は誇りに思い生きています。

ありがとうございます。

 

2018年もcafeSTANDをよろしくお願いします。

皆様に素敵な年末年始が訪れますように。

 

cafeSTAND 塚本耕平

 

2017年。

▪️印象に残った本

・「現代思想 2017年11月号」 特集:エスノグラフィ

・「観光」ラッタウット・ラープチャルーンサップ

・「A3」森 達也

・「ルーアンの丘」遠藤 周作

・「メモワール:写真家・古屋誠一との20年」小林 紀晴

・「えいやっ!と飛び出すあの一瞬を愛してる」小山田 咲子

 

▪️素晴らしき映画

・LA LA LAND

・ムーンライト

・20th Century Women

・たかが世界の終わり

・ 息もできない

 

▪️音楽

・「Felt」Nils Frahm

・「THE OLD CENTURY」Don Peris

・「Blonde」FRANK OCEAN

・「野生の夜」プルネ

・「初期の台風クラブ」台風クラブ