アルゼンチンの音楽家、カルロス・アギーレのコンサートへ。

 

自然に囲まれた河のほとりで制作活動を続ける、カルロス・アギーレ。

『Los Tres Doseos De Siempre』演奏前のMCがとても印象的でした。

 

僕が南米音楽に興味を持ったのは、ブラジルに渡航してからです。

滞在先のホテルでは私物がなくなるのは当たり前でしたが、

ホームステイ先では、常に音楽が溢れていて珈琲の匂いが鼻腔を刺激していました。

 

音楽のカテゴリーなんでどうでもよくて、

その人の風景が見える音楽が好きなんです。

 

会場最寄りの武蔵小山駅。

図らずも、ばったり再会した方は相変わらずチャーミングで素敵な人でした。

これもカルロスのおかげでしょうか。