自ら被災を経験し、人生で最も尊敬している方が大病を患い現在も戦っている事。

これだけ号泣したのはいつぶりでしょうか。

この経験をきっかけに、愛するものや守るものが、明確、的確となる一年でした。

 

嘘や誹謗中傷はいつでもどこでも匿名で発信できますから、そんな情報は気にせずに。

励まし合いながら一歩ずつ前に進みましょう。

たとえ小さな事でも、人の力や助けになると思うならば自ら行動に移しましょう。

そして、目の前の仕事を一生懸命頑張りましょう。

 

何も出来なくても生きている喜びは感じ取れるはずです。

それで十分です。

 

日々、己の経験を養い努力し続ける事。

光はそこにしかあたりません。

 

2019年。ありがとうございました。

大晦日、事務所デスクにて。

 

▪️印象に残った本

・「ピョンヤンの夏休み」柳里見

・「身体を忘れた日本人」養老孟司・CWニコル

 

▪️素晴らしき映画

・ブラック・クランズマン

・工作 黒金星と呼ばれた男

・国家が破産する日

・グリーンブック

・JOKER

 

▪️音楽

・「マズルカ13番」フレデリック・ショパン

・「チェンバロ協奏曲2番」ヨハン・セバスティアン・バッハ

・「Nayuta」AIR