top

「POP HIKE CHIBA Vol.6  ~山音の奏でる音楽~」

 

山歩きに限らず、何処か見知らぬ場所へ行ってみたいと思わせるきっかけは何があるでしょうか?

その多くは、映画やテレビや雑誌でその風景を目にした時ではないでしょうか?

そして、実際にその場に赴いた時、私達の多くは、その憧れていた風景を同じフレームで切り取り写真として記憶に残していきます。

 

でも、静かに目を瞑り想像してみて下さい。

写真で見て憧れた、そして実際に自分の目で見たその風景の中には、必ず音が流れていることを感じられるはずです。

風の音、草木が揺れる音、水の流れる音、自分の足音、鳥たちの鳴き声、あるいは、そこには静寂という名の音も。

 

第6回目の開催となるPOP HIKE CHIBAは、その「音の記憶」に着目し、企画してみました。

(前回までのPOP HIKE CHIBAのアーカイブスはこちらから。Vol.3、Vol.4、Vol.5

 

会場は、千葉県館山市にある「館山野鳥の森」。

房総半島の最南端・南房総国定公園のほぼ中央に位置する22.4ヘクタールの常緑広葉樹の森で、

林野庁の「日本森林浴の森100選」に指定されている緑深い森です。

年間を通して数多くの野鳥と出会うことができ、

房総半島特有の海と山が近い距離感と自然と人々の暮らしの繋がりを強く感じられるような展望を望むことができる山でもあります。

また、植生も豊かで紀伊半島以東では珍しいマテバシイや、低地では珍しい、メタセコイアやモミの木の巨木も見ることが出来ます。

この館山野鳥の森のハイキングコースを休憩も含め約4時間ほどかけてゆっくりと歩きます。

ハイキング中に参加者の皆様には、ご自身のスマートフォンを使用してフィールドレコーディングを行っていただきます。

そこで切り取った「音の記憶」を音源にして、千葉県八街市在住の音楽家・宮内優里さんに一つの曲に仕上げていただきます。

 

ハイキング後にはcafeSTAND店主・塚本が自らドリップした、

KUSA.喫茶さんによる、POP HIKE CHIBAオリジナルブレンドコーヒーをご用意いたします。

今回も三鷹ハイカーズデポ店主の土屋さんをゲストハイカーとしてお招きしています。

前回まではハイキング後のパーティーでお話をしていただきましたが、今回は皆様に淹れたてのコーヒーを飲みながら、

フィールドで土屋さんのお話を聞いていただこうと思います。

 

テーマは、「ウルトラライトを巡る旅と本の話」です。

映像や音と同じように、私達が旅にでる衝動を感じるきっかけとして「本」というものも間違いなく存在するはずです。

それは、紀行文であったり、冒険記であったり、あるいは哲学書や、

逆になんて事のない日々の出来事を綴った随筆のようなものかもしれません。

 

参加者の皆様が旅に出るきっかけ、

また、大げさに言えば人生という名の大きな旅における何かの気づきを得てもらえればと思っています。

 

ハイキング後は、西千葉に戻り、パーティーではゲストハイカーの土屋さんとゲストミュージシャンの宮内さんに、

「ウルトラライトハイキングとアンビエントミュージック」をテーマに少しだけお話をしていただいた後に、

参加者の皆様が録音した音源を元に宮内さんが製作した曲を披露していただきます。

また、この日に宮内さんに制作していただいた「山音の音楽」は、参加者皆様にプレゼントいたします。

ハイキングのお土産を「音」としてお持ち帰りいただきます。

 

「音の記憶」を感じながら、トーク、ライブ、お食事とお酒をお楽しみ下さい。

皆様のご参加、お待ちしております。

 

POP HIKE CHIBA 6 ~山音の奏でる音楽~ in 館山野鳥の森

【日程】

2017年11月25日(土)雨天決行(荒天除く)

【スケジュール】

08:00      集合(西千葉cafeSTAND)

08:30      西千葉発

10:45      館山野鳥の森着

11:00 - 14:00 ハイキング

14:00 - 15:30 コーヒータイム「ウルトラライトを巡る旅と本の話」(スピーカー:土屋智哉)

15:30      館山野鳥の森発

19:00      西千葉着

 

POP HIKE PARTY in cafeSTAND

19:00 - 21:30

トークテーマ「山音の奏でる音楽」

ゲストミュージシャン:宮内優里

ゲストスピーカー:土屋智哉

 

■注意事項

・cafeSTANDから現地までの移動は大型貸切バスになります。

・集合場所(西千葉・cafeSTAND)までにかかる往復の交通費は、各自お客様のご負担となります。

・昼食の提供はございませんので、各自お弁当などをご用意ください。

 

■参加費

料金:9500円(税込)

ガイド料、コーヒー、大型バス交通費、1日傷害保険代、パーティーでのフード&1ドリンク含む

*参加は、基本的に中学生以上に限らせていただきます。また、子供料金の設定はございませんので予めご了承ください。

*中学生以下のお子様について。「保護者2名以上、歩けない場合は保護者が背負うことができること。」を条件とさせて頂きます。

(メール、またはお電話にてご相談いただけたらと思います。)

*時間の都合上、ハイキングしか参加出来ない方は、申し込みメールにてその旨をお伝え下さい。

 

■申し込み方法

下記メールアドレスまでご連絡下さい。

pop-hike-chiba@cafestand.jp

*必ず返信しますので、上記メールアカウントを有効にして下さい。(迷惑メールに受信される可能性があるため。)

*申し込みメール送信後、五日程経過しても返信がない場合は、恐れ入りますがcafeSTANDまでご連絡下さい。

件名を「POP HIKE CHIBA 6参加申し込み」として頂き以下を記入して下さい。

1.代表者氏名

2.代表者のメールアドレス

3.全員の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別

*一日傷害保険加入のため正確にお願いします。

申し込み締め切りは 11月19日(日)

 

*申し込み期限前でも定員に達し次第、締め切りいたします。予めご了承下さい。

なお、当日の必要な持ち物、注意事項等は、改めて参加者様へご連絡いたします。

 

ゲストミュージシャン

MIYAUCHI

宮内優里/MIYAUCHI YURI

http://www.miyauchiyuri.com/

作曲家/音楽家。1983年生まれ。千葉県八街市在住。これまでに6枚のアルバムをRallye Labelよりリリース。

生楽器の演奏とプログラミングを織り交ぜた、有機的な電子音楽の制作を得意とする。

アルバムではこれまでに、高橋幸宏、原田知 世、小山田圭吾、星野源、It’s a Musical、GUTHERなど、

国内外問わず様々なアーティストとのコラボレーション作品を収録。

ライブでは様々な楽器の音をたった一人でその場で多 重録音していく”音の実験室”ともいうべき空間を表現する。

FUJI ROCK FESTIVAL、WORLD HAPPINESSなど、各種フェスなどにも出演。

自身の活動以外では、映画「リトル・フォレスト」(監督:森淳一/主演:橋本愛)などの映画音楽をはじめ、

NHK・Eテレなどのテレビ番組、舞台・ドラマ・CMでの音楽制作・楽曲提供や、国内外のアーティストのプロデュース、

リミックスなど、活動の幅を広 げている。2016年11月、sphontikと背景のための音楽研究室「BGM LAB.」を開室。

 

ゲストハイカー

tsuchiya

土屋 智哉/TSUCHIYA TOMOYOSHI

東京・三鷹ハイカーズデポ店主。

大学探検部で登山を始め、後にアメリカでウルトラライトハイキングに出会う。

北米西海岸発生のウルトラライトハイキングに傾倒すると同時に、

日本の山、山歩きのすばらしさも再発見する。

現在は、自ら経営するハイカーズデポはもとより、雑誌、ウェブなど様々なメディアから、

あらゆるスタイルでのハイキングの楽しみ方を発信している。

著書 『ウルトラライトハイキング』(山と渓谷社)

 

サポートハイカー

sai

佐井聡・和沙/SAI AKIRA /SAI KAZUSA

トレイルカルチャーウェブマガジン『TRAILS』 運営/編集長

学生時代にバックパッカーとして旅をしていた2人が、

2008年にウルトラライトハイキングというスタイルに出会い、旅する場所をトレイルに移していき、

2013年に『TRAILS』をスタートさせる。

『TRAILS』の運営に加え、ロングディスタンス・ハイキングにフォーカスした書籍『LONG DISTANCE HIKING』の発行など。

メディア運営から,イベントや製品プロデュースまで様々なトレイルカルチャーの発信を行っている。

東金市出身。船橋市在住。

 

ogawa

小川竜太/OGAWA RYUTA

トレイルカルチャーウェブマガジン『TRAILS』にて、編集、MOVIE作成、イベントディレクターを担当。

2015年末のTRAILS CARAVAN(ニュージーランドのロング・トリップ)から、『TRAILS』のクルーとしてジョイン。

野外フェス、コンテンポラリーダンス、文化史研究などの趣味が合流して、なぜかウルトラライトハイキングに行きつく。

パタゴニア、ニュージーランド、香港などの海外トレイルから、日本では信越トレイル、北根室ランチウェイ、

四国お遍路、熊野古道などのトレイルを旅した。

市川市出身。

 

サポートハイカー

okoshi

大越智哉/OKOSHI TOMOYA

高校山岳部からオールシーズン、オールジャンルで登山を楽しむ。

近年は、主に無雪期のウルトラライトハイキングとトレイルランニングに没頭。

同時にハイキング道具の自作を行う。

現在は、「GREAT COSSY MOUNTAIN」を設立し、オリジナルハイキング用品を製造販売中。

千葉市出身。千葉市在住。

 

オーガナイザー

tsukamoto

塚本 耕平/TSUKAMOTO KOHEI

株式会社STANDARD代表、cafeSTAND店主。

cafeSTANDにて飲食店の傍ら、曽我部恵一、Caravan、カジヒデキ、等々の多くのアーティストのライブを実施。

また、カフェなどの飲食店の依頼によるライブ制作も行っている。

近年は、韓国カフェ文化との交流により日本人アーティストの韓国ツアーライブもオーガナイズしている。

ハイキングと長年慣れ親しんできたポップソング、メロウに流れるカフェでの時間、

この三つの親和性を発見し「POP HIKE CHIBA」を企画。

川崎市出身。千葉市在住。